1. 「出勤」と「出社」の意味の違い|誤解している人が多い「出勤・出社」の違いを解説

「出勤」と「出社」の意味の違い|誤解している人が多い「出勤・出社」の違いを解説

「出勤」と「出社」の意味の違い|誤解している人が多い「出勤・出社」の違いを解説 1番目の画像

 同じ意味にも思える「出勤」と「出社」。もちろん共通する意味もあるが、言葉の使い方はそれぞれ異なる。

 意味が似ている言葉だけに誤用してしまうビジネスパーソンも多い「出勤」と「出社」——それぞれの言葉の意味を理解し、誤った使い方を正そう。

出勤とは?:「出勤」の意味と使い方

本記事のまとめ

  • 「出勤」は、仕事の種類や仕事の場所などに関わらず、“仕事をしているということ”を指す
  • 「出社」は、“勤めている会社に仕事をしにいく”ことを指す

出勤とは仕事に務める、仕事をすること

 まず、「出勤」とは広義な意味において、仕事に務める、仕事をすることを指している。携わっている仕事を開始するときや、現在仕事をしていることを示す際に使用するのが一般的だ。

 より端的にいうと、プライベートな時間でなく“仕事をしている時間”ということを意味している

「出勤」は仕事の種類や場所に関わらず、“仕事をしていること”を意味する

 「出勤」は仕事の種類や仕事の場所などに関わらず、“仕事をしているということ”を示す言葉だ。

 つまり、仕事関連の外出や出張した際の移動時間も「出勤」ということなる。仕事をしているのであれば、オフィス内でなく外出先や自宅などでも「出勤」扱いになるのだ。

「出勤」の意味と使い方

  • 出勤:仕事に務める、仕事をする
  • 仕事の種類や場所と関係なく“仕事をしていること”を示す

出社とは?:「出社」の意味と使い方

「出勤」と「出社」の意味の違い|誤解している人が多い「出勤・出社」の違いを解説 2番目の画像

「出社」とは会社に仕事をしにいくこと

 出社には、仕事に務める、仕事をするという「出勤」と共通する意味もある

 ただし、出社というのは会社に仕事をしに行くという意味であり、会社でない場所で仕事をする場合は、一般的に「出社」という言葉は使わない

 また、公務員等が省庁や官庁に仕事をしに行く場合は、出社ではなく登庁となり、研究所等に仕事にいく場合は出所となる。

 自営業やフリーランスで会社法人を持たずに仕事を行なう場合は、“出社”という言葉はあまり使わないだろう。

勤めている会社に仕事をしにいくのが「出社」

 「出社」という言葉を使う場合、勤めている会社に仕事をしにいくというところがポイントになってくる。

 勤めてない会社に出向いたり、仕事目的ではなく単に会社を訪れていたりする場合は、“出社”にはならない

 加えて、自分の勤めている会社のオフィス以外の場所で仕事をする場合、仕事をしていても出社とはいわず、この場合「出勤」という言葉を使うことが多い。

「出社」の意味と使い方

  • 出社:会社に仕事をしに行く
  • 勤めている会社に仕事をしに行くときに使う

「出勤」と「出社」の意味と使い方の違い

「出勤」と「出社」の意味の違い|誤解している人が多い「出勤・出社」の違いを解説 3番目の画像

「出勤」と「出社」の違い

 上記で説明した内容を照らし合わせると、出勤と出社は同じ「仕事をする」という意味を持つ。

 出勤と出社の意味の違いは、出勤は仕事の種類や場所が関係ないのに対し、出社は「自分の務める会社で」という条件が加わる点だ。

 リモートワークなどの会社以外での業務の場合は、出勤を使うのが正解となる。

「出勤」と「出社」の比較

  • 出勤も出社も「仕事をする」という意味
  • ただし、出社には「会社という場所で」という条件が必要


 出勤と出社は意味が似ている部分もあるが、それぞれ指し示すシーンが異なるということは理解できただろうか?

 誤った使い方をすると相手との行き違いが発生し、仕事に支障を生む場合もあるので注意が必要だ。

 また出勤日数、出勤時間、出社時間、退社時間は、給与の算出にも影響するので誤った言葉の使い方には注意しておこう。



社会人スキルは武器になる!第二新卒の転職活動は、転職エージェント「リクルートエージェント」がおすすめ

「出勤」と「出社」の意味の違い|誤解している人が多い「出勤・出社」の違いを解説 4番目の画像

 社会人スキルを身につけた若手ビジネスマンは、転職市場において意外とニーズが高い。

 「営業スキルをもっとあげたい」「強みを活かして新たなフィールドにチャレンジしたい」という人は、適性や潜在スキルを加味したキャリアプランを提案してくれる「リクルートエージェント」がおすすめ。

 現職で忙しい場合でも、平日の20時以降と土日・祝日に面談が可能であり、求人情報もスマートフォンでいつでもチェックができる充実したサービスが豊富である。

 面談をした結果、キャリアアドバイザーから現職に留まる選択を提案をしてくれることもあるため、ひとまず転職を検討している段階であれば無料会員登録をしてみるといい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する