1. 会社内の飲み会・食事会や接待の後に送りたい「お礼メールの書き方」を例文つきで徹底解説!

会社内の飲み会・食事会や接待の後に送りたい「お礼メールの書き方」を例文つきで徹底解説!

会社内の飲み会・食事会や接待の後に送りたい「お礼メールの書き方」を例文つきで徹底解説! 1番目の画像

 会社内や取引先との親睦を含めた飲み会などの後は、ご馳走になったりお世話になった人に対してお礼を伝えるのはもちろん、翌日に再度お礼のメールをするのがマナーだ。

 本記事では、社内や取引先との飲み会後に送る「お礼メール」のタイミングと注意点、例文を紹介する。

飲み会のお礼メールを送るタイミング

 社内飲み会や取引先との飲み会でご馳走になったり、相手に支払いを多く出してもらった場合、そのお礼メールを送るタイミングはスピードが第一だ。

飲み会のお礼メールは「スピード」が大事

 飲み会直後にお礼メールを送れるのであればそれに越したことはないが、タイミングによってはすぐにお礼のメールを送ることができないときもある。

 その場合、飲み会のお礼メールは翌日朝、遅くとも翌日中にお礼の気持ちを記したメールを送ることができればまず問題ないだろう。

 とはいえ、週末が重なってしまったり、別件などがありどうしても翌日に送れない場合は、最悪でも3日以内には送ることを心がけよう。

 ただし、その際に「お礼メールが遅れたことに対するお詫び」を付け加えることも忘れずに。

スマートフォンから送る飲み会のお礼メールは注意点が必要

 時間や場所の都合などから、どうしてもパソコンからお礼のメールを送れない状況などもあることだろう。

 その場合はスマートフォンからのメールで、内容を簡略化してしまうというのも致し方がない。

 ただし「スマホからなので短文で失礼いたします」と、ひと言入れることを欠かさないようにしよう。

 お礼の気持ちを早く伝えたいという思いが込められていれば、スマートフォンからのお礼メールであっても、受け取った相手には好印象になるはずだ。

飲み会のお礼メールに記載したい内容

 お礼メールといっても、季節の挨拶や冠婚葬祭の挨拶ではないため、過度にかしこまった文面にする必要はない。

 しかし、お礼の気持ちがしっかり相手に伝わるようになメールを書くことは最低限の礼儀である。

 飲み会のお礼メールを送る大まかな文面構成としては、下記のポイントを押さえておこう。

飲み会後に送るのお礼メールの構成

  • 飲み会後に送るのお礼メールの構成①:「件名」
  • 飲み会後に送るのお礼メールの構成②:「相手の名前」
  • 飲み会後に送るのお礼メールの構成③:「挨拶」
  • 飲み会後に送るのお礼メールの構成④:「お礼」
  • 飲み会後に送るのお礼メールの構成⑤:「飲み会の簡単な思い出話」
  • 飲み会後に送るのお礼メールの構成⑥:「感謝の気持ち」
  • 飲み会後に送るのお礼メールの構成⑦:「締めの言葉」
  • 飲み会後に送るお礼メールの構成⑧:「会社名・自分の名前」

飲み会後に送るお礼メール例文

会社内の飲み会・食事会や接待の後に送りたい「お礼メールの書き方」を例文つきで徹底解説! 2番目の画像

 飲み会のお礼メールは上記で紹介した構成を元に作成すればまず問題ないだろう。

 ただし、「初めて送るので不安……」という人も中にはいるだろう。

 以下では、社内飲み会や取引先との飲み会後に送るメールの例文をいくつか紹介する。

飲み会後に送るお礼メール例文①(社内の先輩・上司の場合)

【件名】飲み会のお礼

〇〇先輩  お疲れさまです。

昨日はお忙しいのに、お時間を割いていただきありがとうございました。
仕事の相談など、色々なお話しをさせていただき、本当に有意義な時間でした。 

○○先輩と共通の趣味である△△のお話も、本当に楽しかったです。
その上、美味しい料理やお酒までご馳走していただき、本当にありがとうございます。 

まだまだ至らぬところが多い私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
---

  飲み会のお礼にこのメール文面を送る先輩や上司は、かなりフラットな関係の方ではなければならないが、先輩や上司は“飲み会のお礼をされる”という行為がうれしいものなのだ。ただし、すぐに会える先輩や上司ならメールだけでなく、まず直接会ってお礼をするのも忘れずに。

飲み会後に送るお礼メール例文②(社内の先輩・上司の場合)

【件名】食事会のお礼

○○課長(○○先輩)

昨日は美味しい料理とお酒をご馳走になり、ありがとうございました。
仕事の相談にも色々と乗っていただき、とても勉強になりました。

これからも、仕事でもしっかりとお返しができるように頑張りたいと思いますので、
今後とも宜しくお願いいたします。

本来ならば直接お会いしてお礼の言葉を伝えたかったのですが、
本日は私は△△(出張など)のため在社していないため、メールにて恐縮ですが、
昨日の食事会のお礼を申し上げます。
---

 こちらの飲み会のお礼メールも、例文①同様に、直属の先輩や上司などに送れるメール文面だ。ここでの注意点は、上司や先輩を役職名で書くときは「○○課長“様”」は間違い。“様”は付けずに「○○課長」、「○○先輩」だけでいいだろう。

飲み会後に送るお礼メール例文③(社内の先輩・上司の場合)

【件名】忘年会のお礼

○○課長(先輩)

昨日は忘年会を開いてくださり、誠にありがとうございました。
楽しい時間をすごさせて頂き、ついつい飲み過ぎてしまいました。

〇〇課長のご指導のもと、今年の業務も無事に終えることができそうです。
今年もあと僅かですが、引き続き宜しくお願いいたします。
---

 こちらの飲み会のお礼メールは、あまりフラットではない、普段からあまり接点のない先輩や上司に送るに適した文面だ。あまり長くなり過ぎるとボロが出てしまう恐れもあるので、要点だけを抑えたものが好ましいだろう。

飲み会後に送るお礼メール例文④(社外・取引先の場合)

【件名】昨晩の食事会のお礼

○○株式会社 ××部
△△様

平素より大変お世話になっております。▽▽株式会社の〜〜です。 
昨晩は様々なご配慮、おもてなしを頂きまして、誠にありがとうございました。 

お代までお支払いただきまして、重ね重ねお礼を申し上げます。
仕事とはまた違った雰囲気の中、
皆様と楽しい食事が出来ましたこと、本当にうれしく思います。 

また是非ご一緒、食事などをさせていただけたら幸いです。
今後とも何卒、宜しくお願いいたします。  
メールにて失礼かとは存じますが、取り急ぎ昨晩の食事会のお礼申し上げます。
---

 さて、社外や取引先の方との飲み会のお礼メールだが、いくらフラットな関係の方でも、オンとオフをしっかりと分けた内容にすべきだ。失礼のないようなメール内容が求められる。

飲み会後に送るお礼メール例文⑤(社外・取引先の場合)

【件名】昨晩の食事会ありがとうございました。
 
○○株式会社  ××部
△△様
 
いつもお世話になっております。
株式会社▽▽の〜〜です。

昨晩は、食事会にお招きいただき誠にありがとうございました。
美味しい食事とともに、△△様をはじめ皆様と、
大変に貴重なお時間を過ごせたことに心からお礼申し上げます。

また、□□(仕事)の件のお話も伺うことができ、
弊社にとっても大変に参考、勉強になりました。

機会がございましたら、是日、お返しなどをさせていただけたら幸いです。
今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。
昨晩は誠にありがとうございました。
---

 ここでは、飲み会のお礼メールの【件名】について。社外の方との飲み会や取引先の方との飲み会などは、【件名】は『飲み会~』ではなく、『食事会~』と書くのがビジネスではベターだろう。どんなに無礼講な飲み会でも、社外の方との飲み会なら特に『食事会』とした方が相手への印象がいい。

飲み会後に送るお礼メール例文⑥(取引先を“接待”した場合)

【件名】昨晩の食事会

○○株式会社  ××部
△△様

お世話になっております。▽▽株式会社の〜〜です。

昨晩は、お忙しい中、無理やりお付き合い誠にありがとうございました。
△△様をはじめ皆様と、楽しい食事ができ、大変に有意義な時間となりました。

メールにて失礼かとは存じますが、取り急ぎ昨晩の食事会のお礼申し上げます。
今後とも、よりよいお付き合いを宜しくお願いいたします。
---

 これは、取引先との飲み会で、逆にこちら側が接待をした場合に送りたいお礼メールの例文だ。忙しい先方が飲み会に出席してくれたという意味も込めて、お礼のメールを送るのもビジネスマナーだ。

飲み会のお礼メールのコツは「思い出」を入れること!

会社内の飲み会・食事会や接待の後に送りたい「お礼メールの書き方」を例文つきで徹底解説! 3番目の画像

 飲み会のお礼メールで他者と差別化を図るなら、その飲み会であった思い出をメールに入れるのがポイント

 仕事で勉強になった話や趣味の話など、何でもいいので思い出をメールに入れると、相手からの印象が違うだろう。

飲み会のお礼メールは「感情表現」を入れるとさらに好印象に!

 また、「相談に乗っていただき、うれしかったです」「つい飲み過ぎてしまいました」「素敵なお店を紹介してくださり、プライベートでもまた利用させていただきます」など、自分の感情表現が見える文面も入れると、さらに印象がよくなる。

 そして、最後はきちんとした「お礼」の言葉で締めくくれば問題なしだ。


 ここまでいくつかの例文とともに、会社の飲み会・食事会や接待の後に送るお礼メールについて説明してきたが、全てに共通しているのは「気持ちがこもっているお礼メールを送る」という点だ。

 お礼のメールにおけるマナーを守ることができれば、飲み会や食事会、接待を通して相手との距離が今よりももっと近づくことだろう。

 本記事を参考にしてお礼メールを送ることで、より円滑なビジネスコミュニケーションを取っていただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する