1. 健康のために今すぐ実践してほしい3つの習慣。忙しいビジネスパーソン必読の書『座らない!』

健康のために今すぐ実践してほしい3つの習慣。忙しいビジネスパーソン必読の書『座らない!』

出典:www.flickr.com
 君はどのくらい健康に気を遣っているだろうか。健康のためにどんなことに気をつけているだろう。我々が健康でいられるかどうかは、毎日の習慣にかかっている。

 身体のためには健康な方がいいに決まっているが、実は仕事の生産性と健康にも深いつながりがある。仕事を優先して睡眠不足というような、エコノミック・アニマル的な労働習慣は健康を害するだけでなく、仕事の生産性を落とすことにもつながる。

 本書『座らない!:成果を出し続ける人の健康習慣』は、10代の頃にがんを告知されたトム・ラスが、少しでも健康に長く生きられるように、健康に関するあらゆる学術論文を読み込み、実践してきた健康にまつわる知識の蓄積を著した本である。

 本書を読めば、健康のためにいかに日々の習慣が大事かが分かってくる。本書では健康でいられるためには、どのような習慣が大切かについて、多くのアドバイスが記述されている。その中から、いくつかの健康にまつわる習慣について紹介する。

『座らない!:成果を出し続ける人の健康習慣』ハイライト

• 元気で長生きできるかどうかは、日々の選択にかかっている。食べる・動く・寝る、の3要素すべて同時に正しい選択を積み重ねていくことで、好循環が生まれる。

• 飲食物は、栄養素や原料に注意して、本当に体に良いものかを検討する習慣を身につけるとよい。

• 長時間座ることは肥満や心血管疾患のリスクを増やす。仕事場でも動く機会を増やせるよう工夫するのが大切だ。

• 睡眠不足は大きく生産性を損ねるので、仕事の成果のためにも、睡眠時間を確保できるようなスケジュールを立てるべきだ。

出典:『座らない!:成果を出し続ける人の健康習慣』トム・ラス著、牧野洋訳

健康を左右する、食にまつわる習慣3つ

 本書では健康を決めるのは、食、運動、睡眠という3つの要素にまつわる習慣が大事だとされている。これらの3要素にまつわる習慣は、3つともに同時並行で取り組むことが、健康のために重要であると最新の研究によっても裏付けられている。

 まずは本書から、健康を左右する食にまつわる習慣を3つ紹介する。

健康を左右する食習慣:①パッケージにだまされない

 健康に気を遣っている人ほど陥りがちなのが、健康的なパッケージや名前にだまされてしまうことである。健康的な食習慣を実践しているつもりが、その実、全然健康的でない食習慣となってしまっているのだ。

 例えば、「農家直送サラダ」という名前のサラダでも、刻んだベーコンたっぷり、油まみれのドレッシングがかかっていれば、全く健康的でない食事となってしまう。

 多くの料理には良い材料も悪い材料も使われている。差し引きして健康的なものかどうかを判断することを習慣にするとよい。また、健康を強調したようなパッケージに対して、原材料に用心深く注意することも習慣にするといいだろう。

健康を左右する食習慣:②果物はそのまま食べる

by Shawn Harquail
 健康的な食習慣にするために、果物を多く取り入れようとする人も少なくないだろう。果物をそのまま食べるよりも。果物ジュースやドライフルーツの方が手軽ではあるが、栄養的価値を考えると、果物はそのまま食べるほうがよい。

 果物ジュースやドライフルーツは果物の栄養的価値が失われているだけでなく、多くの糖分が含まれている。健康的な食習慣として果物を取り入れるのであれば、果物はそのまま食べるようにしよう。

健康を左右する食習慣:③机上昼食しない

 忙しいからという理由で食事を机上ですませてしまうビジネスパーソンは少なくない。しかし、こういった食習慣は健康を害し、集中力を低下させ仕事の生産性も下げてしまう。忙しいときこそ、昼食時にはしっかりと休憩して食事をする習慣をもとう。

健康を左右する、運動にまつわる習慣2つ

健康を左右する運動習慣:①座らない!

 座るという習慣は我々現代人の生活に組み込まれてしまっているが、1時間座るたびに健康が害され、1日6時間以上座ると早死にのリスクが高まるという。座ると消費カロリーも低下し、脂肪燃焼を促す酵素の生産は90%減少する。2時間座ると善玉コレステロールは20%減るのだ。

 健康でいるためには、ときどき立ち上がってストレッチをするなどの習慣をもとう。ウォーキングミーティングなど仕事の間に運動を取り入れることは、企業側から見ても不利にはならない。社員の身体活動が増大するに伴って、社員の給料が大幅に増えるといった研究成果もあるのだ。

健康を左右する運動習慣:②規則的な運動

by Alain Limoges
 健康のための運動習慣として、規則的な運動を習慣化することをおすすめする。規則的な運動は代謝を促す遺伝子を活性化し、脂肪と糖質の燃焼効率を高めるタンパク質を合成する。食生活が乱れてしまったとしても、運動がしっかり習慣化していれば体調悪化を防いでくれる。

健康を左右する、睡眠にまつわる習慣2つ

健康を左右する睡眠習慣:①たっぷり眠る

出典:www.flickr.com
 90分の睡眠不足は昼間の注意力を3分の1近くも削いでしまう。4時間の睡眠不足はビール6本を飲んだときに相当する影響を身体に与えるという。1日の睡眠不足が翌日の状態を左右する。睡眠を削って仕事を片付ける習慣は、あとあと大きな代償を払うことになるだろう。

健康を左右する睡眠習慣:②眠るときに雑音を

 パートナーのいびきや騒々しい隣人など、睡眠中の突然の雑音は熟睡を妨げる要因となってしまう。しかし、絶え間なくノイズが流れるようにしておくと、静かな部屋で寝るよりよく眠れるという。扇風機やアプリなどを使って背景ノイズの音を少し大きくして寝る習慣をもつと、突然の雑音に起こされることが少なくなる。

 
 以上『座らない!:成果を出し続ける人の健康習慣』から、健康でいるための習慣をいくつか紹介した。健康でいるためには食、運動、睡眠における習慣づくりを同時平行で取り組むことが大事だ。

 仕事が忙しいあまり、健康まで気を遣っていられないというビジネスパーソンも少なくないだろうが、本書を読めば、健康こそ仕事の原動力となることも分かるだろう。健康を気にした生活をしている人でも、本書を読めば、健康に気を遣っていたつもりが、逆効果になるようなことをしてしまっていたことに気付けるかもしれない。

 本書の健康に対するアドバイスはすべて科学的裏付けがなされたものとなっている。典拠となる学術論文の情報も巻末に収録されている。最新の研究にもとづいた健康情報を楽しみながら、生活の習慣の中に取り入れていってみてほしい。忙しいビジネスパーソンにこそ読んでほしい本である。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する