1. ドラッカーに学ぶ「マーケティング」と「イノベーション」の関係

ドラッカーに学ぶ「マーケティング」と「イノベーション」の関係

 ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(1909年-2005年)は、「現代経営学の発明者」「マネジメントの父」としても有名です。そして、彼の著書にも良く登場するマーケティングの手法に、「マーケティング」と「イノベーション」という物があります。彼は、「マーケティング」と「イノベーション」を理解することがビジネスが上手くいく手法と考えており、顧客の創造にも繋がると考えています。ここでは、マーケティングとイノベーションの関係について紹介していきます。 

1. マーケティングとイノベーションの意味

 マーケティングとは、商品やサービスが顧客に流れて行く市場の活動の事を指します。特に生産者から消費者に対する流れの事を言い、「市場戦略」とも言いかえられます。

 一方イノベーションとは、現状に変化を加えることで新しい考え方を新たに導入することを言います。「革新」や「刷新」とも言いかえる事ができます。具体的には、企業における新製品の開発や新生産方法の導入、新販路の開拓や新資源の開発などが、挙げられます。

2. マーケティングとイノベーションの関係性

 マーケティングの手法を考える場合には、まず、顧客の欲求を考え出すことから始めます。 「自分達は何を売りたいか」ではなく、「顧客は何を買いたいのか」を意識するということです。

 そして、その手法の一つにイノベーションがあります。イノベーションでは、現状を顧客のために改革するために、新たな物を導入していく事です。 価格を引き下げたり、新商品を創造したりと顧客に対し、必要なものに合わせて行くことでマーケティングがなり立ちます。

 以上が、マーケティングとイノベーションの関係です。イノベーションは、意識的、体系的に引き起こさなければなりません。そのために、変化する環境をチャンスと捉えたり、どのような分野でどのようなイノベーションがいつまでに必要で有るかなどを明らかにしなければなりません

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する