1. 「楽な仕事」ってどんな仕事?楽な仕事をしたい人におすすめの職業14選

「楽な仕事」ってどんな仕事?楽な仕事をしたい人におすすめの職業14選

「楽な仕事」ってどんな仕事?楽な仕事をしたい人におすすめの職業14選 1番目の画像

 「今の仕事は自分に向いていない」「もっと楽な仕事をしたい」と転職を考える人もいるだろう。

 「そもそも楽な仕事なんて存在するのか」などと疑問に思うかもしれない。楽と感じる仕事は人によって異なるものだ。

 本記事では転職を考えている人のために、楽な仕事の定義や楽な仕事一覧、楽な仕事に使える資格を紹介したい。

目次
+ + 「楽な仕事」とは?
+ + 楽な仕事に転職するには?ポイントを押さえよう
+ + 転職したい人必見!正社員の楽な仕事10選
+ + 在宅ワークで楽な仕事をしよう
+ + 楽な仕事に転職するためにとりたい資格

「楽な仕事」とは?

 楽な仕事の定義とは、一体どんなものなのだろうか。

 今の仕事に欠けている部分と照らし合わせてみると、自分が楽な仕事に求める点が分かってくるだろう。

【楽な仕事の定義①】精神的負担が少ない

 楽な仕事の定義として、「精神的負担が少ない」ことが挙げられる。

 例えば、ノルマがなく、責任があまり問われないという仕事は精神的な負担が少ない。

 ノルマが決まっていると達成するための焦りや、達成できなかったときの不安がストレスにつながりやすい。

 常に仕事やタスクに追われていると勤務外でも心が休まらず、精神的な負担になってしまうのだ。

 ノルマや責任がなく、精神的に負担を感じない仕事は楽といえるだろう。

【楽な仕事の定義②】肉体的負担が少ない

 「肉体的負担が少ない」点も、楽な仕事の要素の一つだ。

 身体を動かすことが好きで体力に自信のある人には向いているが、運動が好きでない人にとっては肉体的負担が大きい仕事は厳しい。

 肉体的な労働と聞くと、工事現場や引越しなどを想像するかもしれないが、営業などさまざまな土地に飛び回る仕事も入る。

 あちこちを行き来する仕事よりも、できる限り一箇所に落ち着く仕事のほうが肉体的に楽という人もいるだろう。

【楽な仕事の定義③】労働条件が良い

 楽な仕事には「労働条件の良さ」も関係している。

 近年では仕事と私生活の調和を目的とした「ワークライフバランス」が謳われており、ワークライフバランスについて考慮されているかどうかが、企業の良し悪しを決める条件の一つとなっている。

 残業が多かったり、福利厚生が整っていなかったりすると、仕事に重荷を感じてキツく感じてしまう。

 定時に上がれて、土日祝の時間の確保、有休取得できる仕事はワークライフバランスが取れており、楽に思えるだろう。

【楽な仕事の定義④】単純作業が多い

 「単純作業が多い」と、仕事を楽だと感じるケースが多い。

 さまざまな仕事を一気に任され「頭がパンクしそう……」という仕事への不満もあるだろう。

 一つの仕事をコツコツとこなしていく作業のほうが、精神的にも肉体的にも負担が少ないのだ。

 ただし、飽き性で同じことを続けられない人には、「単純作業が楽な仕事」という定義は通用しないかもしれない。

 同じことを繰り返す「ルーティーンワーク」が性に合っている人にとっては、単純作業が多いと仕事を楽に感じるだろう。

【楽な仕事の定義⑤】人間関係が複雑でない

 楽な仕事には、「人間関係が複雑でない」ことが大切だ。

 上下関係が色濃かったり、社内の人間関係が良好でなかったりすると気を遣ってしまい、精神的に疲れてしまう。

 気づいていない間にモラルハラスメントが横行している場合なども、仕事に対して憂鬱な気持ちを抱くものだ。

 職場の人と友好関係を築けて、ハラスメントなどの問題がないことは、平日のほとんどを費やす仕事の必要条件だろう。

「楽な仕事」の定義とは

  • 精神的負担が少ない
  • 肉体的負担が少ない
  • 労働条件が良い(ワークライフバランスがとれている)
  • 単純作業が多い
  • 人間関係が複雑でない

楽な仕事に転職するには?ポイントを押さえよう

 今の仕事に不満をもち、楽な仕事への転職を考えている人も多いだろう。

 転職先も抑圧を感じる場所であったら、転職した意味がない。

 楽な仕事に転職できるよう、しっかり転職のポイントを押さえよう。

【楽な仕事への転職のコツ①】何に重点を置くか考える

 楽な仕事に向けて転職活動を始める際は、自分が仕事探しで何に重点を置いているのかを考えよう

 上記で説明した楽な仕事の定義から優先順位を決めると分かりやすいだろう。

 また、今の仕事場にはない要素や不満要素を洗い出す方法も有効だ。自然と自分の望みがわかってくるだろう。

 転職活動の軸を定めた後は、自分の要望と合致する条件の転職先を探していきたい。

【楽な仕事への転職のコツ②】転職サイトやエージェントを使う

 転職先を探す際は、転職サイトや転職エージェントを使うことをオススメしたい。

 転職サイトにはさまざまな業種や職種の求人が載っており、自分なりに求人を比較して選ぶことができる。

 今の仕事とは異なることにチャレンジしたい場合は、転職サイトを介すと効率よく求人を探せるだろう。

 転職エージェントでは、専門の人が転職への希望を元に自分に合った職を紹介してくれる。

 悩み相談や職務経歴書の書き方などの書類作成の相談にものってくれて、転職を全面的にサポートしてくれるのだ。

 サイトには載っていない求人情報も得られるため、一度転職エージェントを試してみてほしい。

楽な仕事に転職するためのコツ

  • 職探しで何に重点を置くか考える
  • 転職サイトや転職エージェントを活用する

転職したい人必見!正社員の楽な仕事10選

「楽な仕事」ってどんな仕事?楽な仕事をしたい人におすすめの職業14選 2番目の画像

 「楽な仕事に転職したいけど、正社員じゃないのは不安だ……」と考える人もいるのではないだろうか。

 実は、正社員で楽な仕事というおいしい仕事が存在するのだ。

 どんな仕事にも苦労するポイントがあるが、楽な仕事の定義のいずれかに当てはまるものを紹介したい。

【正社員の楽な仕事①】工場勤務

 工場勤務の正社員は、一人で黙々とタスクをこなしていけばいいため、人間関係に苦労したり、営業のようにあちこち回ったりする必要がない。

 ノルマや生産管理などの責任はあるが、単純作業が多く、急に異なるタスクが回されることは少ない。

 給与設定も場所によっては高く、単純作業で楽に稼ぎたい人にオススメだ。

 正社員ではない工場勤務もあるため、応募する前に求人をしっかりチェックする必要がある。

【正社員の楽な仕事】工場勤務

  • ◎:単純作業が多い、人間関係が複雑でない
  • △:精神的負担が少ない、肉体的負担が少ない、労働条件が良い

【正社員の楽な仕事②】事務仕事

 事務仕事は、資料や契約書などの書類作成や、電話・来客対応やメール対応、郵便物の仕分け、ファイリング・データ集計など、さまざまだ。

 難しい仕事を回されることはなく、簡単な業務を自分のペースで進めることができる。

 正社員として働けるため、給与待遇や勤務時間など、福利厚生も整っている。

 転勤などの異動もほとんどなく、安定を求めている人に向いている職種だ。

【正社員の楽な仕事】事務仕事

  • ◎:肉体的負担が少ない、労働条件が良い、単純作業が多い
  • △:精神的負担が少ない
  • ☓:人間関係が複雑でない
    (事務職は異動が少ないため、人間関係を再構築しづらい)

【正社員の楽な仕事③】社内SE(システムエンジニア)

 社内SE(システムエンジニア)とは、システムの設計や開発など、社内のIT環境を整えたり、既存のシステムの管理をする職種だ。

 システムエンジニアと聞くと難しい印象を抱く人もいるかもしれないが、社内での仕事がメインとなるため移動の必要はない。

 また、社内SEの場合は相手企業との連携がないため、比較的に納期に融通が利きやすい。(※会社のシステムによっては納期厳守の場合もあるため要注意)

 肉体的・精神的な負担が少ない職といえるだろう。

 ただし、資格勉強をすることが多い職種であるため、勉強が苦手という人にはあまりおすすめしない

【正社員の楽な仕事】社内SE(システムエンジニア)

  • ◎:肉体的負担が少ない、精神的負担が少ない、人間関係が複雑でない
  • △:労働条件が良い(※泊まりこみでの作業がある場合も考えられる)
  • ☓:単純作業が多い

【正社員の楽な仕事④】運転手

 タクシーや送迎バス、トラックなどの運転手も、楽な仕事の定義から考えるとラインナップされる。

 運転手は運転が好きな人や、人との関わりを好む人にオススメの職だ。

 また、仕事内容に関しては、人とのやりとりや納品時間、道を覚えたりするなど、車んの運転だけに留まらないが、比較的に単純作業であるといえる。

 長時間の運転と短時間の運転があるため、業務内容をしっかり確認したい。

 バスやトラックの場合には、大型自動車の免許の取得と第二種免許の取得が必要となるため注意しよう。

【正社員の楽な仕事】運転手

  • ◎:人間関係が複雑でない、単純作業が多い
  • △:精神的負担が少ない(渋滞などがあるため)、労働条件が良い(ライフスタイルによっては良いとは言い切れない)
  • ☓:肉体的負担が少ない

【正社員の楽な仕事⑤】コールセンター

 コールセンターには、電話を受ける「インバウンド」電話をかける「アウトバウンド」がある。

 アウトバウンドは自ら電話してセールスなどをすることもあり、インバウンドに比べて結果が出にくい。

 ただ、人によって向き不向きがあるため、自分の合ったスタイルを選ぶといいだろう。

 コールセンターはマニュアルを覚える必要があり、クレームの対応をすることもあるが、職場の人間関係に悩んだり肉体的な負担になるという確率は極めて低い。

【正社員の楽な仕事】コールセンター

  • ◎:肉体的負担が少ない、人間関係が複雑でない、単純作業が多い
  • △:労働条件が良い
  • ☓:精神的負担が少ない(クレームを対応することがあるため)

【正社員の楽な仕事⑥】大学職員

 大学職員は、大学の運営をサポートする職種だ。

 給料が高く、勤務時間は安定しており、比較的に簡単な業務であることから「就職の穴場」とも呼ばれている。とはいえ競争率は非常に高い。

  生徒と触れ合う機会が多いため、人との交流が好きな人にオススメだ。

 仕事によるストレスなどが少なく、精神的な負担も少ない。仕事と私生活を充実させることができるだろう。

【正社員の楽な仕事】大学職員

  • ◎:肉体的負担が少ない、労働条件が良い
  • △:人間関係が複雑でない、精神的負担が少ない、単純作業が多い(部署によって異なる)

【正社員の楽な仕事⑦】図書館司書

 図書館の司書の業務は、本の貸し出しや返却などの業務、また窓口や電話で問い合わせの対応などだ。

 図書館の司書になるためには、図書館司書の資格をとる必要がある。

 資格をとるには勉強が必要だが、図書館の司書の仕事は静かな環境で仕事ができ、休暇も取りやすいため楽な仕事といえるだろう。

 しかし、図書館司書は人気の高い求人で求人数も限られているため、資格を持っていたら誰でもなれるというわけではない。

 いつか訪れるチャンスを逃さないためにも、本が好きな人は図書館司書の資格をとっておくといいだろう。

【正社員の楽な仕事】図書館司書

  • ◎:肉体的負担が少ない、労働条件が良い、精神的負担が少ない、単純作業が多い
  • △:人間関係が複雑でない(数少ない司書の同僚と付き合っていく必要がある)

【正社員の楽な仕事⑧】役所勤務の公務員

 公務員というと先生や警官、消防士などの難しい仕事を想像しがちだが、地方自治体などの役所勤務もある。

 役所勤務の公務員の仕事は、都道府県や市町村の役所の窓口業務をはじめとする、その土地に関わるものだ。

 残業がなく解雇されにくいため非常に安定しており、精神的な負担は少ない。

 ただし、全ての役所が楽な仕事という訳ではないため、注意が必要だ。部署によっては住民から多くの苦情を受けることもある。

【正社員の楽な仕事】役所勤務の公務員

  • ◎:肉体的負担が少ない、労働条件が良い、単純作業が多い
  • △:人間関係が複雑でない
  • ☓:精神的負担が少ない(住民の苦情対応をする場合は精神的負担大)

【正社員の楽な仕事⑨】ビル管理

 ビル管理も比較的に楽な仕事である。ビルには、ショッピングセンターやマンションなど種類はさまざまだ。

 仕事内容としては、ビルの設備に異常や不備がないかのチェックや、保守点検などメンテナンスを行う。

 一人で仕事を進められるケースもあり、人間関係に悩むことも比較的に少ないだろう。

 ただし、正社員の求人ではない可能性もあるため注意したい。

 資格が必須という訳ではないが、電気系や熱源系など分野別にいくつか資格があり、とっておくことをオススメする。

 興味のある人はぜひ資格についても調べてみてほしい。

【正社員の楽な仕事】ビル管理

  • ◎:人間関係が複雑でない、精神的負担が少ない、単純作業が多い
  • △:労働条件が良い(給料が良いが土日休みではない)
  • ☓:肉体的負担が少ない(管理する建物によるが移動が多い場合もある)

【正社員の楽な仕事⑩】薬剤師

 薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアを主な勤務地とし、病人に薬やその調合について説明する仕事だ。

 仕事にはノルマなどの重い責任はなく、過度に身体を動かす必要もないため、精神的にも肉体的にも安定している。

 給与も比較的に高く、薬剤師は楽な仕事といえる。

 ただし、薬剤師になるには、大学の薬学部を卒業した後に国家試験を受験し、資格をとらなくてはいけないため注意しよう。

【正社員の楽な仕事】薬剤師

  • ◎:肉体的負担が少ない、労働条件が良い
  • △:人間関係が複雑でない、精神的負担が少ない
  • ☓:単純作業が多い

正社員でできる楽な仕事10選

  • 工場勤務
  • 事務仕事
  • 社内SE(システムエンジニア)
  • 運転手
  • コールセンター
  • 大学職員
  • 図書館司書
  • 役所勤務の公務員
  • ビル管理
  • 薬剤師

在宅ワークで楽な仕事をしよう

「楽な仕事」ってどんな仕事?楽な仕事をしたい人におすすめの職業14選 3番目の画像

 最近では、自宅で仕事をする「在宅ワーク」をする人が増えている。

 在宅ワークは移動の必要もなく、一人で作業を進められるため、仕事そのものが楽でなくても、働き方について楽だと感じる人もいるだろう。

 以下からは人気の在宅ワークをいくつか紹介しよう。

【在宅ワークの楽な仕事①】在宅プログラマー

 在宅プログラマーになるには、①フリーランスで働く、②企業に雇ってもらい在宅での勤務許可を得る。以上の2つの方法がある。

 プログラマーであるため、プログラミングに関する知識が必要である。

 プログラミングは専門技術であることもあり、在宅で働きながらも高い給与をもらうことができる。

 自己管理能力が求められるが、一人のほうが作業が進むという人には楽な仕事だろう。

【在宅ワークの楽な仕事②】在宅ライター

 在宅ライターの主な仕事内容は、サイトの記事や口コミなどの文章作成だ。

 パソコンとインターネットがあればどこでもできて、一人で進めること可能。比較的に楽な仕事だが、依頼内容によっては文字単価での計算になり給与は低めであることもしばしば。

 フリーライターという位置付けでは、安定的に仕事をもらえる保証がないのが現実だ。

 給与を伸ばすためにもさまざまな方面での努力が必要だが、多くの仕事をこなし実力をつけていくことで、成長や達成感を味わえるだろう。

【在宅ワークの楽な仕事③】デザイナー

 デザイナーは、イラストやグラフィックなどのデザインを手がけるのが主な仕事だ。

 デザイナーもフリーで動くことが多く、イラストの単価が低いこともあるため、給与面では厳しさもある。

 また、自分でクライアントを見つけ、信頼関係を築いていく必要があるため、人間関係を大切にしなくてはいけない。

 仕事内容自体は自宅で集中してデザインすることができるため、イラストを描いたりデザインしたりすることが好きな人にいいだろう。

【在宅ワークの楽な仕事④】ブロガー

 ブロガーも在宅ワークとして、流行っている職種だ。

 ライターと同じく文章を書くことを仕事とするが、ブロガーは頼まれた記事を書くのではなく、自分の好きなように書いていく。

 ブロガーは完全にフリーランスという形になり、人によって給与に偏りが生まれる。

 広告を収入源としているため、ブログの読者をいかに惹きつけるかが収入に繋がるポイントだ。

 自分の詳しい領域を記事にして情報を発信したいという人にオススメだ。

在宅ワークの楽な仕事一覧

  • 在宅プログラマー
  • 在宅ライター
  • デザイナー
  • ブロガー

楽な仕事に転職するためにとりたい資格

「楽な仕事」ってどんな仕事?楽な仕事をしたい人におすすめの職業14選 4番目の画像

 転職を成功させるためには、資格の取得が有効だ。

 以下に紹介するオススメの資格をとって、楽な仕事に転職しよう。

楽な仕事につながるオススメの資格一覧

楽な仕事に転職するための資格

  • 運転免許
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
  • 簿記検定
  • 秘書検定
  • 図書館司書


 本記事では、楽な仕事の定義や仕事を探す上でのポイント、楽な仕事の一覧を紹介してきた。

 転職を考えている人のほとんどは、今の仕事に不満があるだろう。その不満を無くして、転職先では少しでも楽な仕事に就きたいところだ。

 まずは、本記事を参考に、自分が楽だと思う仕事がどういうものなのかを考えてみてほしい。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する