1. 部署にビジネスメールを送るときの宛名の書き方のマナー

部署にビジネスメールを送るときの宛名の書き方のマナー


部署にメールを送るときの基本的な敬称

 部署にメールを送る時の基本的な宛名の敬称は「御中」となります。原則として、部署宛てにメールを送る時に特別な事情がない場合は「御中」を付けて送信するようにしましょう。

「御中」ではなく、他の敬称を付ける場合

 「御中」ではなく、他の敬称を付ける場合があります。「御中」では、基本的にメールを読む人は1人だけとなります。そのため、部署の中の1人に対して読んで欲しいようなメールの時は「御中」でいいのですが、部署全体にメールを読んで欲しい場合、メールを部署の人全員に送る場合につける宛名は「各位」になります。目的によって宛名も変化しますので、使い分けを明確にしておきましょう。


 ここでは、部署にメールを送るときの宛名の書き方のマナーを紹介しました。ケースによって使い分けが必要となるので、注意して敬称を決めるようにしましょう。部署にメールを送るときの参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する