1. 働き方改革の効果を見える化するサービスが登場│日本ビジネスシステムズ

働き方改革の効果を見える化するサービスが登場│日本ビジネスシステムズ

日本ビジネスシステムズ株式会社は11月29日、企業が働き方改革のために行ったIT施策の効果を見えるようにするサービス「ワークスタイル変革 効果の見える化支援サービス」を公開した。

働き方の変革を目指す企業から高評価を得ている「ワークスタイル変革コンサルティングサービス」の1シリーズとしての公開となっている。

働き方改革の効果を見える化するサービスが登場!IT施策のPDCAを回して改革効果を定着 1番目の画像
出典:www.jbs.co.jp

サービス化の背景に働き方改革のPDCA

働き方改革を実施する多くの企業が、業務の生産性向上を目的としたテレワーク環境の構築やコミュニケーションインフラの刷新、会議のペーパーレス化などのIT施策を採用している。

加えて、働き方改革を定着させるためには、次のような対応も必要だ。

●システム導入時に、効果の測定方法も計画しておくこと

●実際にシステムを使うユーザーが変革を受け入れた上で、トレーニングや教育によるシステム活用を進めること

●働き方改革の効果を評価し、次の策を検討すること

また、働き方改革のPDCAをしっかりと回すことが最も重要とされている。

働き方改革をブームで終わらせないサービス

働き方改革は単にシステムを導入するだけで解決することはない。

同サービスは、働き方改革をブームで終わらせずに定着させるために、チェンジマネジメントの手法に基づいて開発されたサービスだ。

働き方改革の効果を見える化するステップ

同サービスは次のステップで働き方改革の効果を見える化する。

1. KPI を設定し、測定方法を定める

2. KPI を計測し、定着度と効果を見える化する

3. 傾向を分析し定着化施策を定める

これらの分析結果を用いて、改善計画から改善策検討までの一連のプロセスでPDCAを回すことで、IT投資の活用と定着化を実現。

企業全体でも生産性が向上し、働き方改革の成功につながるという。

「ワークスタイル変革 効果の見える化支援サービス」についての詳細は、次のWebサイトから確認できる。

ワークスタイル変革 効果の見える化支援サービス

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する