1. 【冷凍食品に関する調査結果】麺類と炒飯、おにぎりなどの「ご飯系」が5割、続いて中華まんや餃子、あげものが人気

【冷凍食品に関する調査結果】麺類と炒飯、おにぎりなどの「ご飯系」が5割、続いて中華まんや餃子、あげものが人気

レジでチンするだけですぐに食べられる便利な冷凍食品。その種類はバラエティーに富み、選ぶのに困るほどである。

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区)は、「冷凍食品の利用」に関するインターネット調査を実施しその結果を発表した(調査期間:2019年10月1日~5日 回答数:1万279件)。

【冷凍食品に関する調査結果】麺類と炒飯、おにぎりなどの「ご飯系」が5割、続いて中華まんや餃子、あげものが人気 1番目の画像
イメージ画像:AdobeStock

利用頻度や利用場面について

まず冷凍食品の利用頻度だが、8割を超える人が冷凍食品を利用していた。

女性や高年層での比率が高い一方で、全体の5割弱にのぼる「週1回以上の利用者」では、10代20代および60代70代の男性が利用頻度の高い年代だと判明。

冷凍食品の利用場面としては「夕食」が利用者の52.3%にあたり、女性より男性がやや高い傾向にあった。

一方、ほとんど毎日冷凍食品を使っているなど利用率が高い層では、「朝食」や「お弁当」の比率が高いのが特徴だ。

冷凍食品を使う理由

冷凍食品を使う理由については以下のとおり。

【冷凍食品に関する調査結果】麺類と炒飯、おにぎりなどの「ご飯系」が5割、続いて中華まんや餃子、あげものが人気 2番目の画像
出典元:マイボイスコム株式会社プレスリリース

「すぐにできあがる」「保存がきく」「手順が簡単」「調理や後片付けの手間が省ける」という理由が利用者の4~5割を占め、続いて「少量必要なときに便利」が3割強、「食材をいちいち準備しなくてよい」「おいしい」と続く。

どんな食品を購入している?

購入している食品の種類に関する調査結果がこちらである。

【冷凍食品に関する調査結果】麺類と炒飯、おにぎりなどの「ご飯系」が5割、続いて中華まんや餃子、あげものが人気 3番目の画像
出典元:マイボイスコム株式会社プレスリリース

「麺類(うどんやラーメン、パスタなど)」「米飯類(チャーハンやピラフ、おにぎりなど)」が男女ともに5割を占め、続いて餃子や中華まんなどの「中華系の軽食」「あげもの」がそれぞれ3~4割となっている。

また、「よく購入する銘柄は?」との質問に対しては、60.8%が「味の素冷凍食品」と回答。「ニチレイフーズ」「テーブルマーク」(各30%台)、「マルハニチロ」「日本水産(ニッスイ)」「日清食品冷凍」(各20%台)と続く。

最後に、「冷凍食品を気に入っている理由」としてあげられた回答例をご紹介しておこう。

・冷凍のラーメンは意外と美味しく、インスタントやカップ麺よりも個人的には好き。麺が意外としっかりしているところが良い。(男性 26歳 利用頻度:週1回)

・セブンイレブンの蒙古タンメン中本コラボの麻婆麺が気に入っている。家で手軽に辛さとしびれのあるおいしい料理が食べられるから。(女性 28歳 週1回)

・セブンのぶどうの冷凍食品。おやつ感覚で食べられるので好き(女性 26歳 週1回)

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する