1. メディア編集者や広報が利用する文章作成アドバイスツール「文賢(ブンケン)」が2周年を記念してブランドリニューアル

メディア編集者や広報が利用する文章作成アドバイスツール「文賢(ブンケン)」が2周年を記念してブランドリニューアル

メディア編集者や広報が利用する文章作成アドバイスツール「文賢(ブンケン)」が2周年を記念してブランドリニューアル 1番目の画像

株式会社ウェブライダーが提供する文章作成アドバイスツール「文賢(ブンケン)」が、リリース2周年目を記念して、公式サイトとブランドロゴ、ブランドメッセージを一新。

「推敲・校閲支援ツール」から「文章作成アドバイスツール」にアップデートして、文章を書くすべての人のパートナーを目指す。 

より良い文章に導く「文章作成アドバイスツール」

「文賢」は、独自に研究を続ける「100を超える視点」を用いて文章をチェックし、より良い文章を書くための改善点をクラウド上でユーザーに提案する「文章作成アドバイスツール」。 

具体的には、以下のチェックが可能である。 

・読みやすさのチェック
・わかりやすさのチェック
・不快語のチェック
・日本語の誤用チェック
・誤字・脱字のチェック
・環境別の見え方チェック 

個人でもチームでも、使い方に合わせてチェック項目をカスタマイズできるため、企業やメディアのルールに合わせて、設定を細かく変更できるという。 

リリースから2周年目を迎えた現在は、上場企業、中小企業、個人事業主、教育機関からアーティストまで、さまざまなユーザーが利用しているとのこと。

文章の精度を高めるアドバイス機能が刷新される

このたびの公式サイトとブランドロゴのリニューアルを通して、「文賢」は「推敲・校閲支援ツール」から「文章作成アドバイスツール」にアップデートした。 

相手に誤解なく伝わる文章を書くためには、「文章を公開するタイミングは適切か?」「誰かを傷つけてしまう言葉を使っていないか?」といった、推敲・校閲にとどまらないたくさんの視点からのチェックが必要だからだ。 

また、今回のブランドリニューアルにあわせて、チェックリスト形式で文章の最終確認ができる「アドバイス機能」をアップデート。これまで「文賢の辞書」に登録されていたデフォルトアドバイスを「わかりやすさのチェックリスト」として10のアドバイスに刷新。 

さらに、「公に発信する際に注意すべきチェックリスト」として10のアドバイスが追加されたという。公式サイトでは、言葉を紡ぐ大切さが伝わる「コンセプトムービー」や、文賢の便利機能が一目でわかる「チュートリアル動画」を公開中なので見てほしい。 

文章作成はメディア関係者のみならず、すべてのビジネスパーソンに必須のスキル。得意な人も苦手な人も、発信力を高めるために「文賢」を試してみてはどうだろうか。 

文賢(ブンケン)~文章作成アドバイスツール
https://rider-store.jp/bun-ken/

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する