1. JAXAが参画する「BOSAI SPACE FOOD PROJECT」から、宇宙でも災害時でも活用できる新たな食「BSF1.0」が一般販売スタート!

JAXAが参画する「BOSAI SPACE FOOD PROJECT」から、宇宙でも災害時でも活用できる新たな食「BSF1.0」が一般販売スタート!

JAXA(宇宙航空研究開発機構)が、株式会社ワンテーブルと企画・運営を行う「BOSAI SPACE FOOD PROJECT(BSFP)」において、BSFの第一弾プロトタイプ「BSF1.0(備蓄ゼリー)」が一般向けに提供開始された。

今後は、BSFPの事業開発拠点「FROM LIFE LAB.」を中心に、プロジェクトパートナー等と共に事業共創を進めていくという。 

JAXAが参画する「BOSAI SPACE FOOD PROJECT」から、宇宙でも災害時でも活用できる新たな食「BSF1.0」が一般販売スタート! 1番目の画像

宇宙でも災害時でも利用できる食の新カテゴリー「BSF」

「BSFP」は、2018年8月末のプロジェクト発表以降、約10の企業や自治体等がプロジェクトパートナーとして参画。宇宙でも災害時でも活用できる食の新カテゴリー「BSF」の開発に取り組んでいる。

このBSFの第一弾プロトタイプ「BSF1.0」として、水を必要としないゼリータイプの備蓄食が完成し、防災の日でもある9月1日より一部先行販売が開始された。

「BSFP」の今後の展開は?

今後は、自治体での導入やヘルスケア、スポーツ等の異分野領域への展開のほか、宇宙日本食のバラエティ拡大や将来の宇宙旅行食の開発に向けて、新規参入を目指す企業が共通で利用できるハブ工場や、事業プラットフォームの検討も視野に入れているという。

さらに、BSFPの事業開発拠点として、ワンテーブルと株式会社エムエスディが2019年9月に共同で東京都に「FROM LIFE LAB.(フロムライフラボ)」を開設する。食やヘルスケア分野におけるアイディア創出や展開を目標として活動を進めていく。

他にもBSFPでは、自治体や宇宙教育関連団体等と協力し、日本中の子どもたちの意識啓発を目指して、宇宙×防災の教育プログラム化を検討しているという。

これらの取り組みを通じて、フードロスや栄養不足などの食料問題や大規模災害対応、教育など、地球規模の社会課題解決を通じた、2030年までのSDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)目標達成への貢献を目指していく。

ともあれ、宇宙食、防災食をともに兼ねる新たな食品「BSF1.0」。まずは、一度どんな味か試してみたいものだ。

BOSAI SPACE FOOD PROJECT(BSFP) 
https://www.onetable.jp/project-bsfp/

宇宙航空研究開発機構(JAXA)
http://aerospacebiz.jaxa.jp/

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する