1. 障がい者と企業の相互理解を促進する「合同企業説明会」が7月26日(金)横浜市で開催

障がい者と企業の相互理解を促進する「合同企業説明会」が7月26日(金)横浜市で開催

障がい者のための就労移行支援事業所「LITALICOワークス」が、就職を希望する障がい者と企業の相互理解を深める「合同企業説明会」を、7月26日(金)13:00~障害者スポーツ文化センター横浜ラポールで開催する。

障がい者と企業の相互理解を促進する「合同企業説明会」が7月26日(金)横浜市で開催 1番目の画像

障がい者のための合同企業説明会が開催

合同説明会では、障がい者雇用を検討する企業10社がブースを設け、就職を希望する約100名の障がい者へ企業説明などを行う。

1回ごとのセッションはブースに分かれた少人数制となるため、相互にコミュニケーションを取りやすく、企業と障がい者が双方の理解を深めやすい環境を提供するという。

また、10:00~は同会場にてLITALICOワークスで行っている模擬面接プログラムも実施され、「面接時の大切な5つの要素」に関するレクチャーや実践に役立つ模擬面接が受けられる。

職場定着が課題の障がい者就労

法定雇用率の引き上げなどにより、企業の障がい者雇用に対する注目が集まる一方で、障がい者の一般企業就職後1年時点での職場定着率は全国で58.4%(障害者職業総合センター「障害者の就職状況等に関する調査研究」)と、半数近くが1年後には退職してしまっているのだとか。

定着率向上のためには、就職後だけでなく、採用活動の段階からミスマッチを防ぐとともに、企業が障害者に対する理解を深め、職場での障害に配慮するための体制づくりを推進することが求められている。

障がい者雇用の問題は、決して障がい者だけの問題だけでなければ、企業だけの問題でもない。

この合同説明会は横浜の他にも全国各地で開催されており、障がい者と企業双方の相互理解の場としてだけではなく、社会全体で障がい者雇用への関心を高めるきっかけになるかもしれない。

<開催概要>

日時: 2019年7月26日(金)10:00~16:30(9:30開場)
会場: 障害者スポーツ文化センター  横浜ラポール(神奈川県横浜市港北区鳥山町1752)
アクセス: JR横浜線「新横浜駅」北口・横浜市営地下鉄「新横浜駅」8番出口より徒歩10分
定員: 100名程度
参加費: 無料

参加予定企業(順不同):パーソルチャレンジ株式会社、まいばすけっと株式会社、みずほビジネス・チャレンジド株式会社、株式会社NUC、株式会社信興テクノミスト、医療法人社団早雲会、株式会社ツクイ  他

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する