1. ハイクラスのフリーランスエンジニアマッチングサービス『GrowthTech』が事前登録を開始

ハイクラスのフリーランスエンジニアマッチングサービス『GrowthTech』が事前登録を開始

ハイクラスのフリーランスエンジニアマッチングサービス『GrowthTech』が事前登録を開始 1番目の画像

ヴァンテージマネジメント株式会社が、ハイクラスの人材ソリューションカンパニーにおいて、エンジニアマッチングサービス『GrowthTech』の事前登録を開始した。

即戦力エンジニア人材への強いニーズを受けてローンチ

ヴァンテージマネジメント株式会社は、2017年4月よりハイクラス層のフリーランス人材と即戦力人材を求める企業とのマッチングサービス『HighClass』をリリース。わずか1年半で1700人以上の20〜40代のフリーランストップ層が登録し、およそ450社を超える企業との取引に応じている。 

この運営を通じて、エンジニアとのマッチングを希望する企業の声が多く聞かれたことから、2019年4月よりフリーランスエンジニアのためのマッチングサービス『GrowthTech』のローンチを決定。エンジニアフリーランスの事前登録をスタートした。

『GrowthTech』が選ばれる4つの特徴

『GrowthTech』が多くのエンジニアに選ばれる理由は、1つはエンド直受け/自社サービス運営企業しか紹介しないということ。2つめは、企業面談が1回のみで、責任者にその場で決めてもらうスピード感。3つめは、中間業者を挟まない直取引案件であるため、確実に好条件が出せる構造になっていること。さらに4つめとして、確実に20万円が支払われる「稼働お祝い金制度」があげられる。 

フリーランスエンジニアの報酬および市場価値は、エージェントの交渉力によって全く異なるものだが、自社サービスの事業責任者のみと直接マッチングする『GrowthTech』なら、確実に高単価が保証できる。すでにフリーランスエンジニアとして活躍している人も、今後フリーランスへの移行を検討しているエンジニアも、試しに登録してみてはいかがだろうか。

GrowthTech
https://growthtech.work/ 

Texts by 佐藤優子

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する