1. インサイドセールスの未来に触れる「Inside Sales Conference 2018」が開催

インサイドセールスの未来に触れる「Inside Sales Conference 2018」が開催

インサイドセールスの未来に触れる「Inside Sales Conference 2018」が開催 1番目の画像

 経営や営業・マーケティングに携わるひとを対象にしたカンファレンス「Inside Sales Conference 2018」が、12月6日(木)、東京・虎ノ門ヒルズフォーラムで開催される。

メインテーマは「インサイドセールス」

 未来の経営と働き方を考えるプロジェクトとして発足したFuture of Work実行委員会が主催する同カンファレンス。

 メインテーマは「インサイドセールス」で、人工知能(AI)を中心とするテクノロジーを取り入れた内勤型の営業手法において、生産性を向上させるためにはどうすればよいのかなどがパネルディスカッションや事例とともに紹介される。

セールスフォース社やマイクロソフト社も参加

 パネルディスカッションのテーマは下記の通り。

パネルディスカッション テーマ

  • CRM/MA Top3社が語るインサイドセールスのグローバルスタンダードとは?
  • AI(人工知能)でセールスの未来はどうなるか
  • “セールスの新しい働き方”をリードする、ビジュアルコミュニケーションを活用したオンライン商談とは
  • インサイドセールス支援の競合3社が本音で話す、成功と失敗の3大要素
  • 大手企業が成果を残す“日本式インサイドセールス”とは
  • 急成長企業が実践するインサイドセールスとは
  • もう感覚に頼らない!インサイドセールスを成功に導くデータ戦略とは
  • いま知っておきたい新しい人材育成の仕組み“セールス・イネーブルメント”とは
  • VCが語る、インサイドセールスの価値

 株式会社セールスフォース・ドットコムや日本マイクロソフト株式会社など、業界のトッププレーヤーが企業の壁を越えてこれからのインサイドセールスのあり方や働き方についてディスカッションを繰り広げる。

インサイドセールスの未来に触れるチャンス

 欧米ではすでに一般的になってきている「インサイドセールス」。

 InsideSale.com社の調査によると、売上高5億ドル以上の大企業では、営業の28.8%をリモートセールスおよびインサイドセールスが担っており、2018年にはこの割合が30.2%まで増加するとの予測を示しているそう。

 企業の垣根を超えた最先端の知識とインサイドセールスの未来に触れることのできる貴重な機会。ぜひ参加してみてはいかがだろうか。

■開催概要
イベント名:Inside Sales Conference 2018
日時:2018年12月6日(木)12:30~18:00
入場:無料
開催場所:虎ノ門ヒルズフォーラム
主催:Future of Work実行委員会
想定来場者数:1000名
対象参加者:経営者、営業・マーケティング担当者、事業責任者など
公式サイト:https://insidesalesconference.jp/

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する