1. 失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選


失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 1番目の画像

出典:zozo.jp

 オフの日、身軽に外出したい!そんなときに大活躍するのがボディバッグ。

 形や素材などによってデザインが大きく異なるボディバッグは、デザインによっては少し野暮ったくなるアイテムでもある。

 今回は、失敗しないメンズボディバッグの選び方とブランドを紹介していきたい。

目次
+ + メンズボディバッグとは?
+ + 【使用目的別】自分に合ったメンズボディバッグのサイズ
+ + メンズボディバッグの選び方:3つのポイント
+ + ボディバッグが活躍するシーンとは?
+ + おすすめメンズボディバッグブランド10選

メンズボディバッグとは?

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 2番目の画像
出典:zozo.jp

ショルダーバッグとは異なる「ボディバッグ」

 ボディバッグは、斜めがけショルダーバッグとは区別されるメンズファッションアイテム。

 身体のラインに沿って作られた斜めがけや肩に縦がけにするバッグのことを主に指している。

 体にフィットされたつくりになっているため、ショルダーバッグのように歩く度に揺れることはない。

たすき掛けや片方の肩に掛けて用いる、縦長または横長の小型かばん。身体に沿うようなつくりのものをいう。

出典:ボディーバッグとは - コトバンク

【使用目的別】自分に合ったメンズボディバッグのサイズ

【貴重品だけ収納する場合】小さめサイズなボディバッグ

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 3番目の画像
出典:zozo.jp

 「ポケットでは収まりきらないけど、貴重品だけ持って外出したい!」というときにおすすめの大きさが最も小さいサイズのボディバッグ。

 女性の化粧ポーチくらいの大きさは、手荷物が他にあるときも便利な最低限のサイズなので一個は持っておきたい。

【タブレット、書籍を持ち歩く場合】A4サイズで薄めなボディバッグ

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 4番目の画像
出典:zozo.jp

 A4サイズくらいのボディバッグは、普段タブレットを持ち歩く人には最適な大きさ。

 貴重品など必要最低限のものにプラスして、書籍や電子機器を収納できるため便利な中型サイズである。

 小さめノートPCやタブレットを使って外作業する際に、中型サイズのボディバッグがあるとなにかと重宝するはずだ。

【荷物が多い場合】マチが広い大容量サイズのボディバッグ

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 5番目の画像
出典:zozo.jp

 リュックよりも圧迫感がなく利用しやすいボディバッグは、荷物が多いときに活躍する大容量サイズのアイテムもある。

 ジムに行くときや複数のガジェットを持ち歩きたいときに大変便利なサイズ感だ。

メンズボディバッグの選び方:3つのポイント

メンズボディバッグの選び方①:フィット感を重視するなら「縦型の肩がけ」タイプ

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 6番目の画像
出典:zozo.jp

 ボディバッグ選びの決め手となるのが「体とのフィット感」だ。

 斜めがけ専用のものよりも、肩にかけられる縦型のほうがしっかりとフィットするのでおすすめである。

 ボディバッグの大きさを問わず、さらっと肩にかけて使いたい人は縦型に絞って探してみてほしい。

メンズボディバッグの選び方②:きれいめならレザー、カジュアルに使うなら帆布やナイロン

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 7番目の画像
出典:zozo.jp

 ボディバッグの素材は主にレザー、帆布、ナイロン、ポリエステルの4種類が使われている。

 フォーマルに近いドレッシーな服装やきれいめなコーデが多い人は、レザー製のボディバッグを使用するとすっきり着こなせる。

 Tシャツやパーカーなどカジュアルコーデの多い人は、帆布、ナイロン、ポリステルなどの素材のものを使用すると馴染みやすい。

メンズボディバッグ選び方③:カラーに迷ったら合わせやすいブラック

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 8番目の画像
出典:zozo.jp

 メンズボディバッグの中で定番なカラーは「ブラック」。

 ボディバッグは衣服の上にかぶせる形で肩にかけるため、トップスやボトムスとのカラーバランスが大切になってくる。

 コーディネートをすっきり見せてくれるブラックは、カラーバランスを整える上では非常に効果的なカラーだ。

 ボディバッグの色に迷ったら、ブラックを購入すると間違いないだろう。

メンズボディバッグを選ぶときに気をつけるべきポイント3つ

  • メンズボディバッグの選び方①:フィット感を重視するなら「縦型の肩がけ」タイプ
  • メンズボディバッグの選び方②:きれいめならレザー、カジュアルに使うなら帆布やナイロン
  • メンズボディバッグ選び方③:カラーに迷ったら合わせやすい「ブラック」


ボディバッグが活躍するシーンとは?

ボディバッグの活躍シーン⑴:手ぶらで外出したい!荷物が多くなるショッピングに最適

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 9番目の画像
出典:zozo.jp

 休日に、友だちや彼女と一緒にショッピングを楽しむとき、買い物をした商品などを持つのに両手は空けておきたいものだ。

 また、電車移動が多いときにも両手が空いていたほうが何かと便利。

 ボディバッグであれば、両手はフリーかつ身軽にショッピングを楽しめる。

 ちょっとしたお出かけや、小旅行などでも、両手が空くことによってストレスなく快適に1日を過ごせるだろう。

ボディバッグの活躍シーン⑵:フェスや野外イベントは、斜めがけがおすすめ

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 10番目の画像
出典:zozo.jp

 夏場のフェスや野外イベントには、ナイロン製またはポリエステル製の斜めがけのボディバッグが便利。

 突然の雨にも対応でき、またレザーや帆布よりも機能的でいて軽量であるため動きやすい。

 斜めがけの小さめボディバッグなら、そのまま芝生に寝たり、活発な動きができたりと野外でのアクティブな活動に最適だ。

ボディバッグの活躍シーン⑶:サイクリングなど手がふさがる場合は必須!

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 11番目の画像
出典:zozo.jp

 両手がふさがる自転車やバイクに乗る際、ボディバッグは救世主的なファッションアイテム。

 ボディバッグは体の前後に斜めがけできるアイテムのため、乗ったままでもちょっとした物の出し入れが可能な点が最大のメリットである。

おすすめメンズボディバッグブランド10選

メンズボディバッグブランド#1:POTER(ポーター)

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 12番目の画像
ポーター スモーキー ワンショルダーバッグ ¥16,740(税込)

 メンズバッグブランドの中でも根強い人気をもつブランド「PORTER」。吉田カバン社の独自ブランドで1962年に設立された。
 
 国内での生産にこだわり、職人の技から生み出される高品質の商品の数々は今でもなお新たなファンを獲得し続けている。

 縫製の技術もハイレベルだが、何より生地が丈夫で長年愛用できるものが多い。

 生地やサイズ、シェイプの種類も豊富でシーンに合わせて購入しやすい。

メンズボディバッグブランド#2:Orobianco(オロビアンコ)

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 13番目の画像
IBRIDELLO-HZ7 ワンショルダー ¥30,240(税込)

 1996年にイタリアで誕生したブランド。デザイン性と機能性を兼ね揃えたイタリアファッションをコンセプトに作り上げられら製品は、抜け感のある上質なテイストが実現されている。

 茶色の革とナイロンやポリエステルなどの異素材との組み合わせが定番のタイプ。

 絶妙な配色がさまざまなシーンで使用できる最大のポイントだ。

 男性女性ともに使用しやすく、幅広い年代から愛されるため、長く使いたい人におすすめのアイテム。

メンズボディバッグブランド#3:HERGOPOCH(エルゴポック)

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 14番目の画像
ワンショルダーバッグ 本革 06 ワキシングレザー 06-OS メンズ ¥33,480(税込)

 鞄作り70年以上を誇る株式会社キヨモトが2005年に「鞄を持つ喜び」を元に新時代のスタンダードの確立を目指したブランド「HERGOPOCH(エルゴポック)」。

 スタンダードな作りの中に、使い勝手の良さや洗練された技術を織り交ぜたのがこちらのボディバッグ。

 軽くしなやかな質感が特徴で、さまざまな装いに調和するデザインになっている。

 形も丸みを帯びた柔らかな印象で、コーデを邪魔しないボディバッグだ。

メンズボディバッグブランド#4:Bianchi(ビアンキ)

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 15番目の画像
ナイロンボディバッグ ¥8,532(税込)

 世界最古のイタリア名門自転車メーカーであるビアンキ。

 自転車利用者にはファンが多く、カジュアルやアウトドアに使用されることが多い。

 定番は縦に収納するタイプで、左右どちらにかけてもチャックの開閉がしやすい。

 比較的値段がお手頃であるため、カジュアルに使用したい人には手が出しやすいアイテムである。

メンズボディバッグブランド#5:master-piece(マスターピース)

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 16番目の画像
Density スリングバッグ ボディバッグ 01357 ¥17,280(税込)

 機能性とファッション性を兼ね揃えたバッグを目指し、1994年にスタートしたマスターピース。

 異素材や独特なカラーリングでファッションの一部としてのバッグに挑戦しつづけている。

 オリジナリティのある部品の付け方や、機能性など、男性を惹きつける魅力が細部に宿っているのがポイント。

 きれいめなコーデを好んではいるが、バッグだけはカジュアルに外したい人にはちょうどいい。

 きれいめカジュアル好きな人にはストライクなボディバッグだろう。

メンズボディバッグブランド#6:TUMI(トゥミ)

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 17番目の画像
「マーシャル」スリング ¥37,800(税込)

 1975年の創業以来優れたデザインと卓越した機能性を追求するアメリカのブランド「TUMI」。

 ビジネスバッグやスーツケースなどで愛用している人もいるのではないだろうか。

 ブランドらしい無駄のないシンプルなデザインで、きれいめなコーデやカジュアルスタイルの引き締めアイテムとして使えるルックス。

 年齢関係なく使えて、かつ丈夫なTUMIのボディバッグは1つのアイテムを大事にする人におすすめ。

メンズボディバッグ#7:Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 18番目の画像
LITTLE ITALY CROSSBODY BAG ¥9,612(税込)

 35周年を迎え、世界各地の街中で見かけるほどバッグブランドとしての地位を確立しているマンハッタンポーテージ。

 設立当初からシンプルな哲学“New York Tough"を掲げ、一時的な流行に止まらず時代の試練に耐えることができるアイテムを世に送り出す。

 赤いロゴがついた定番アイテムは、男女ともに人気が高い。

 シンプルで固めの生地で作られているため、すっきりとした印象を与えてくれる。

メンズボディバッグ#8:GREGORY(グレゴリー)

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 19番目の画像
スピンスリング HDナイロン ¥11,880(税込)

 1977年にバックパック専門のブランドとしてサンディエゴに設立されたグレゴリー。

 バックバックビジネスにおいてフィッティングが何よりも重要なポイントとしてデザインや機能性が追求されている。

 アウトドア向けアイテムを揃えているブランドのため、バッグが体から離れないようにするストラップなどの機能性も充実。
 
 歩いているときのフィット感にこだわりたい人におすすめのボディバッグだ。

メンズボディバッグ#9:worm design lab(ワームデザインラボ)

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 20番目の画像
CITY COMMUTER MESSENGER ¥15,120(税込)

 クラシカルなアウトドアを独自の観点で再解釈し時代に流されずゆっくりとクリエイションしていくスタイルのworm design lab。

 男女問わず使用できるアイテムで、シンプルさが際立つアイテムだ。

 ショルダーパットが厚く疲れにくい仕様に。

 収納力も高く、ふっくらとしたシェイプがボディにきれいにフィットする。

 きれいめなコーデではキリっとした顔をみせる、シーンを選ばない形のボディバッグだ。

メンズボディバッグ#10:Cote&Ciel(コートエシエル)

失敗しないメンズ用ボディバッグの選び方!おすすめのボディバッグブランド10選 21番目の画像
ショルダーバッグ ¥30,240(税込)

 2008年にパリで設立されたコートエシエル。

 人間工学に基づいた実用的なデザインだが、いずれのアイテムも独特なフォルムに仕上がっている。

 ファッションと産業デザインが融合された斬新なアイテムが勢揃いするブランドだ。

 体に沿ったつくりになっているが、バッグとしての独自の曲線も美しく肩掛け以外の使用でも様になる。

 スタンダードな形では物足りない人はぜひ試してもらいたいアイテムばかりだ。

 野外フェスやアウトドアが増えるこれからの季節に大活躍するボディバッグ。メンズボディバッグは、収納量や機能性が長けているものが多い。

 自分の普段着る洋服や使用するシーンに合わせて選んでみるとよいだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する