1. え、差し色使ってないの? 知らなきゃ損する真夏の脱・無難コーデ術

え、差し色使ってないの? 知らなきゃ損する真夏の脱・無難コーデ術

出典:zozo.jp
 シンプルな無難コーデは、きれいなスタイリングで誰からも印象がいいかもしれない。

 しかしそれはあくまで「無難さ」を感じるだけで、「おしゃれ」ではない。

 2017年の秋に注目されている“差し色”を真夏のコーデに取り入れて、オフ日のスタイリングを思いっきりおしゃれにしてみよう。

真夏のコーデをおしゃれにするヒント

 脱・無難を叶えてくれる差し色アイテムには、いくつか共通点がある。

 そこで今回は、5つの定番ファッションアイテムごとに差し色の選び方を紹介したい。

【Tシャツ】無地Tで満足するな。夏は派手Tで勝負!

出典:zozo.jp
 夏のど定番アイテム「Tシャツ」。

 最近ではパックTブームのせいか無地Tを着ている人ばかり……そんな多数派たちと差をつけるのが派手T。

 特におすすめしたいのが、フロントに大きめプリントが施されたポップな色使いのアイテム。
出典:zozo.jp
 派手Tを主役にして他を無難にするもよし。スニーカーなどの小物も派手色にするもよし。

 派手Tはメンズファッションとして、意外と汎用性が高いアイテムなのだ。

【バッグ】小さめアイテムにポップさをプラス

出典:zozo.jp
 差し色初心者が手を出しやすいのが、バッグを派手色にするテクニック。

 初心者向けの理由はシンプルなファッションに、ただ差し色バッグを背負って出かければいいだけだから。
出典:zozo.jp
 特に今季のトレンド「サコッシュ」や小さめのショルダー、トートバッグは、差し色しやすいアイテムだ。

 ビタミンカラーのアイテムは夏限定で使うことになるので、なるべくコストを抑えたプチプラアイテムをおすすめしたい。

【ベルト】腰にワンカラー添えるだけでおしゃれな男を演出

出典:zozo.jp
 普段、ダークトーンのファッションを好んでいる方におすすめなのがカラフルなベルト。

 赤や明るめのブラウンといった暖色系のアイテムは、暗めのトーンとの相性が抜群に良い。
出典:zozo.jp
 ネイビーのパンツやジーンズに合わせて、シャツのフロントだけインする着こなしをすればベルトの個性が引き立つ。

【スニーカー】ハイテクスニーカーのカラフルモデルがおすすめ!

出典:zozo.jp
 足元の差し色は、もはや定番テク。

 基本的にどんな派手スニーカーでも差し色として役立つが、夏コーデでなら“夏らしさ全快”のボリューミーなハイテクスニーカーがおすすめ。
出典:zozo.jp
 理由は、夏カラーのアイテムは真夏のファッションに合わせやすいからだ。コーデを重くせず、軽やかで爽やかな印象に仕上げてくれる。

【ボトムス】周りと圧倒的に差をつけるなら派手ボトムス一択!

出典:zozo.jp
 個人的に最もおすすめなのが、派手ボトムスを一点投下したコーディネート。

 ボトムスと同色のトップスを合わせない限り、簡単にスタイリングに取り入れることができる。
出典:zozo.jp
 派手なデザインのボトムスは、海やBBQのレジャーシーンで開放的な気分にしてくれること間違いなしだ。
 自分にはちょっと手が出しづらいかもしれない……なんていう方も、夏セール中なら挑戦アイテムへのハードルも下がるはず。

 脱・無難すれば、きっと自分のファッションの幅も広がる。
 
 2017年秋ファッションでブームの兆しのある“差し色テク”を、一足早くマスターしよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する