1. クルマもVRで試乗する時代に? アウディがVRテクノロジー体験イベントを実施

クルマもVRで試乗する時代に? アウディがVRテクノロジー体験イベントを実施

 専用ヘッドセットを装着することで、実際に目の前にクルマがあるかのようなリアリティが味わえるVR(バーチャルリアリティ)技術。その技術を活用し、興味のあるモデルのインテリアなどを体験できるイベントをアウディが実施する。

 2月25日(日)、26日は三井アウトレットパーク木更津で、3月4日(土)、5日(日)は神戸三田プレミアム・アウトレットで体験可能だ。

好きなモデルの仕様を変えて体感できる

 このVRテクノロジーは「Audi Walking VR experience」と呼ばれ、ドイツのミュンヘン空港内にあるあるショールーム「my Audi Sphere(マイ アウディ スフィア)」で既に使用されているものだが、今回のイベントのように屋外で実施されるのは世界初となる。

 使用されるVRヘッドセットはドイツで開発されたもので、「HTC Vive」とトラッキングシステムを組み合わせたもの。体験者は自分が興味あるモデルを選び、好みの仕様にカスタマイズして、そのディテールを仮想空間上で確認することができる。
 ヘッドセットを装着した状態で、クルマの周囲を回ったり、エンジンルームの中を覗き見ることはもちろん、運転席や助手席に座ってインテリアをチェックすることも可能だ。さすがに試乗体験まではできないが、グループ会社のフォルクスワーゲンでは、VRを活用し、実際に運転席に腰掛けているようなアングルで同社の先進安全機能や、プロドライバーによるサーキット走行を仮想体験できるサービスを実施中。将来的には試乗も仮想空間で行う時代がくるかもしれない。

 アウディでは前出の「my Audi Sphere」のほか、デジタル技術を使ったサイバーストア「Audi City(アウディ シティ)」を世界各地で展開。2012年にロンドンで第1号店をオープンさせたのを皮切りに、ベルリン、パリ、イスタンブール、北京、モスクワなどに広げている。ここでは、興味のあるアウディモデルを好みにカスタマイズし、それをほぼ実寸大のスケールでスクリーン上で確認できる。

 今回の体験イベントの詳細は下記の通り。また、同時にアウディのドイツ本社などを訪れる6日間のプレミアムツアーや家庭用ハイスペックVRヘッドセットが当たる「Audi VRテクノロジー体験キャンペーン」も実施される。


【イベント概要】
「Audi VRテクノロジー体験イベント」 実施概要
期間:2017年2月25日(土)、26日(日)10:00~17:00
場所:三井アウトレットパーク木更津  ピアストリートイベントスペース
〒292-0009 千葉県木更津市金田東3-1-1

期間:2017年3月4日(土)、5日(日)10:00~17:00
場所:神戸三田プレミアムアウトレット Jimmy choo横イベントスペース
〒651-1515 兵庫県神戸市北区上津台7-3

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する