1. 人気キャップを知り、キャップコーデを習得せよ。小物で差をつけるおしゃれ作り

人気キャップを知り、キャップコーデを習得せよ。小物で差をつけるおしゃれ作り

  • 1329views
  • 0fav

出典:instinctmagazine.com
 おしゃれメンズ必須アイテムのひとつである、キャップ。素材、デザイン、カラー、実に様々な種類のおしゃれキャップが巷には溢れている。でもあまりにもキャップの種類が多すぎて、どんなデザインのキャップが自分に似合うのかわからないメンズもいるのではないだろうか?

 そこで今回は、おしゃれなデザインのキャップのトレンドをまとめたいと思う。さらに、それぞれのキャップに合うおしゃれなメンズキャップコーデも紹介しよう。

ネイビーのキャップでキレイめおしゃれを狙う

 シンプルなネイビーのキャップは、キレイめ系おしゃれには欠かせないアイテム。このメンズのように、キャップの持つカジュアルさとネイビーの持つノーブルさを掛け合わせた、シックでクールなキャップコーデが完成する。

 ネイビーのシンプルなキャップを合わせる場合は、コーデも出来るだけ色味を抑えたシンプルなものがおすすめ。多色使いのコーデになってしまうと、いまいちおしゃれさが薄らいでしまい、キャップが本来持つカジュアルさだけが悪目立ちしてしまいかねない。

 余分なものを一切そぎ落として、シンプルベーシックにおしゃれキャップをかぶるのがおすすめのメンズコーデだ。比較的どんな人にも合うおしゃれキャップスタイルなので、是非チャレンジしてみて欲しい。

ロゴ入りキャップでカジュアルテイストに寄せる

出典:taringa.net
 かっこいいおしゃれキャップのコーデの一つ、思いっきりカジュアルテイストに寄せたキャップスタイル。このメンズが被っているキャップは、ブラックで控えめなロゴがおしゃれなキャップだ。キャップを若干深めに被って、クールさを出すのもまた良し。

 コーデのポイントは、モノトーンカラーで全体のトーンを統一すること。キャップのロゴとTシャツのロゴのテイストを合わせることで、おしゃれな雰囲気がぐっと上がっていく。ボトムスにはあえてホワイトを選び、爽やかにまとめるのも、また計算されたおしゃれキャップコーデだ。

 キャップの持つキュートでおしゃれな雰囲気を、最大限に活用してコーデ出来るこのスタイル。これからの時期に是非真似したいおしゃれキャップスタイルになること間違いなし。

デニムに合わせてクールな王道おしゃれスタイル

 このメンズが被っているキャップは、NYヤンキースのロゴ入りシンプルキャップ。デニムスタイルをおしゃれに演出するのにぴったりのキャップ。普段愛用しているデニムに、シンプルなグレーのTシャツを合わせて、飾らないキャップスタイルを楽しむのが大人メンズの休日キャップスタイルだ。

 キャップとキャップのロゴが同系色なので、良く見るとロゴが入っているのが分かるという演出。合わせるアイテムも、キャップを始め、Tシャツにデニムといつもの変わらないスタイルだ。

 何気なく愛用しているアイテムも、キャップのロゴの魅せ方や胸元のキャップと同系色のサングラスなどであえて外すスタイルをすることで、おしゃれで飽きのこないキャップスタイルが完成するというわけだ。

ストリート系に思いっきり寄せて、思いっきりハードに

 インパクトのあるキャップを中心に、流行りのストリートコーデも、おしゃれメンズに隠れた人気のキャップスタイルだ。普段はかっちりしたスーツで通勤しているが、オフの時はいつもとは違う自分になって、思いっきり別人になるのもまた楽しい。

 このメンズは、キャップの中のピンク色と、Tシャツのピンクがリンクして、派手な中にも統一感が生まれている。キャップそのものの色もブラックで、イラストとロゴが蛍光色なので、コントラストが効いておしゃれ。クラブに行く時や、休日のジム通いの時などに、キャップをストリートコーデに取り入れて、独特のキャップスタイルを楽しみたい。
  一見難しそうなコーデだが、インパクトがある分、実は派手系キャップ初心者でも、着こなしやすいコーデなのだ。サングラスやヘッドフォンと言った脇役のアイテムたちもまた、キャップコーデをおしゃれに演出してくれている。


 おしゃれに敏感なメンズは、最新の流行キャップをいち早く自分のスタイルに取り入れて、自分のものにしている。おしゃれに魅せるコツは、キャップの色とトップス、あるいはキャップの色とシューズの色を合わせることで、さり気ない統一感を狙うことだ。

 オンはクールにスーツを着こなしてカッコよく、オフはキャップを自分テイストに着こなしておしゃれに。まさに大人の男のオフスタイルを、明日から実践してみてはどうだろうか? キャップに合わせた、自分なりのマストコーデを増やしていこう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する