1. 男子の憧れ! 5台の刺激的な外車「スポーツカー」:乗らずとも眺めるだけで得られる高揚を体感せよ

男子の憧れ! 5台の刺激的な外車「スポーツカー」:乗らずとも眺めるだけで得られる高揚を体感せよ

出典:www.bbc.com
 「スポーツカー」で、それも「外車」と聞けば、一般庶民には敷居が高すぎるイメージのクルマといえよう。外車のスポーツカーは国産以上に値段が高い上、しかも最大の魅力である規格外の最高速度を体感できる場所も、日本国内にはサーキット以外には存在しない。とはいえ、ハリウッド映画に出てくるようなかっこいい外車のスポーツカーは男子の究極の憧れだ。
  
 そこでここでは、買わずとも眺めているだけでテンションが上がり、アドレナリンが出まくるかっこいい外車のスポーツカーを紹介しよう。

刺激的な外車スポーツカー#1 問答無用の知名度と存在感。外車のスポーツカーといえばこのクルマ

FERRARI(フェラーリ):488 Spider(488スパイダー)
生産時期:2015年~
新車価格:34,500,000円~
 まず最初に紹介したい外車のスポーツカーは、外車のスポーツカー界のキングともいうべきFERRARIのスポーツカーだ。このFERRARI・488 Spiderは、2015年に日本初上陸を果たした、いままさにFERRARIが最も推しているスポーツカーだ。

 このスポーツカーは、最高出力670馬力のV型8気筒3.9lターボエンジンを搭載。0~100km/h加速が3.0秒、0~200km/h加速は8.7秒という圧倒的な加速力とパワーは、スポーツカーという市販車の領域すら超えている。

刺激的な外車スポーツカー#2 フェラーリと並ぶ外車の二大スポーツカーメーカーのからこの一台

Lamborghini(ランボルギーニ):Aventador(アヴェンタドール)
生産時期:2011年~
新車価格:43,170,000円~
 FERRARIと並ぶイタリアのスポーツカーメーカーであるLamborghiniのスポーツカー。車名の「Aventador(アヴェンタドール)」は、スペインの実際の闘牛の名前にちなむ。

 スポーツカーというよりはスーパーカーと呼びたくなるようなフォルムに、Lamborghini社のスポーツカーのトレードマークともいうべきガルウィング(地面に対して縦に開くドア)も健在。“未来から到着したクルマ”のコンセプトに相応しいスポーツカーといえよう。

 ちなみに、0~100km/h加速は2.9秒以下、最高速度は350km/h以上といわれ、上記FERRARIのスポーツカーを上回る。

刺激的な外車スポーツカー#3 世界限定375台の外車スポーツカー

McLaren Automotive(マクラーレン・オートモーティブ):P1
生産時期:2013年~
新車価格:96,610,000円~
 続いてのスポーツカーは、イギリスのMcLarenから発売されているスポーツカーだ。名称の「P1」とは「Position1」の略で、つまりスポーツカーのNo.1や1位を意味する。

 このスポーツカーは、世界で375台の限定生産され、日本での価格は約1億円。もはや一般人には手を出せる価格ではないが、それでも眺めているだけでアドレナリンが出まくるかっこいいスポーツカーではないだろうか。

刺激的な外車スポーツカー#4 約40年の歴史を持つ大衆スポーツカー

Volkswagen(フォルクスワーゲン):Golf GTI(ゴルフGTI)
生産時期:2012年(現行モデル)~
新車価格:3,890,000円~
 続いての外車スポーツカーは上記3台に比べたら低価格ともいえなくもない、このスポーツカーだ。この外車スポーツカーは1975年の初期モデル販売以来、いつの時代も大衆スポーツカーとして人気を得ているGolfの現行モデルだ。

 パワーユニットは2.0L直列4気筒ターボエンジンで、特に4WDであるRタイプモデルは、そのコーナリング性能の高さが話題となっており、スポーツカーマニアをも唸らせる外車スポーツカーだ。

刺激的な外車スポーツカー#5 “アメ車”のスポーツカーといえばこのクルマ

CHEVOLET(シボレー):CORVETTE Z51(コルベットZ51)
生産時期:2015年(現行モデル)~
新車価格:9,590,000円~
 最後に紹介する外車のスポーツカーは、“アメ車”を代表するスポーツカーのCORVETTEだ。そのCORVETTEの中でも現行モデルのスポーツカーZ51は、アメリカンスポーツタイプとも呼ばれ、いままさにアメリカで人気No.1のスポーツカーといえる。

 この外車のスポーツカーは新型V8エンジンを搭載し、最高出力466馬力を放出。シャシもレース活動からフィードバック。空気力学とダウンフォースをバランスさせたエアロダイナミクスとなっている。


 やはり外車のスポーツカーはなんといっても、国産車にはない見た目のインパクトが魅力。値段もさることながら、外車のスポーツカーらしいフォルムやかっこいいデザインに、体中からアドレナリンが出まくったのではないだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する