1. 面白すぎて起きずにはいられない? 7つのおすすめ目覚まし時計がもたらすユニークな起床を体感せよ!

面白すぎて起きずにはいられない? 7つのおすすめ目覚まし時計がもたらすユニークな起床を体感せよ!

出典:www.speareducation.com
 社会人にとって、目覚まし時計は欠かせないモノ。多くの人が、目覚まし時計に日々お世話になっていることだろう。

 しかしながら、目覚まし時計さえセットしておけば必ず起きれるだろうという安心感からか、鳴ったことに気づかず朝寝坊をしてしまうなんてこともしばしば。

 時間の厳守はビジネスマンの絶対事項。普通の目覚ましじゃ起きれない! なんてあなたのために、確実に目覚められるおすすめのおもしろ目覚まし時計を7つ、ご紹介していこう。

おすすめおもしろ目覚まし時計①:朝食には焼きたてベーコン

出典:gadgets.elliottback.com
 まずは、こちらのおもしろ目覚まし時計「
Wake n' Bacon
からご紹介。この目覚まし時計は、朝ギリギリまで眠っていたいという肉食系男子におすすめ。設定した時間になると、こんがり焼けたベーコンが目覚まし時計から飛び出し、ジューシーな香りとアラーム音で目を覚ましてくれる。

 目覚まし時計としての機能は勿論、起きてすぐ朝食が食べられるという一石二鳥の目覚まし時計だ。

おすすめおもしろ目覚まし時計②:淹れたてコーヒーで、優雅な目覚め

出典:www.greenprophet.com
 この目覚まし時計は、イギリスで活動するインダストリアルデザイナーのJosh Renoufが開発した「Barisieur」。

 セットした時間に自動的に熱々のコーヒーを淹れてくれるという、コーヒー好きには是非おすすめしたい目覚まし時計である。目覚まし時計の役割を果たしつつ、コーヒーのいい香りで快適な朝を迎えることができるのが嬉しい。

おすすめおもしろ目覚まし時計③:投げて止めろ!

出典:karandedhiampyear2.wordpress.com
 アラームを止めるには投げて衝撃を与えなくてはならないという、斬新な発想の目覚まし時計「Throw Alarm Clock」。この目覚まし時計は、アラームを投げて止めることですっきりと痛快に目を覚ますことができるのだ。

 起床後すぐの運動によって、完全に身体も目覚めるはず。野球など、球技好きにおすすめしたい目覚まし時計だ。

おすすめおもしろ目覚まし時計④:プロペラをキャッチせよ!

出典:usvsth3m.com
 設定した時間になると、プロペラがヘリコプターのように離陸する目覚まし時計「Flying Alarm Clock」。目覚まし時計を止めるには、そのプロペラを目覚まし時計本体に差し込まなければならない。プロペラを見失わないためにも、アラームが鳴り始めてすぐに起きることが必要とされるだろう。

 使っているうちに自然とアラームに対しての反応が敏感になり、確実に起きれるようになるのだそう。朝、なかなか布団から出られない人におすすめしたい目覚まし時計だ。

おすすめおもしろ目覚まし時計⑤:足裏マッサージをしてくれる靴下

出典:www.tuvie.com
 アラームとともに足の裏をマッサージしてくれるという、なんともユニークな朝を迎えることができる目覚まし時計「Acuwake Sock」。

 インド在住のデザイナーAakanksha Rajhans、Vedang Kulkarni、Anurag Sarda共作で生まれたこの目覚まし時計。足裏部分に設置されたマイクロバイブレーターにより、心臓や腸、背骨などの臓器を整え活性化するツボを刺激してくれるため健康にももってこい。快適な朝を迎えたい人におすすめしたい目覚まし時計だ。

おすすめおもしろ目覚まし時計⑥:カーペットアラーム

出典:usvsth3m.com
 次にご紹介するのは、強制的に体を起こさせる目覚まし時計「Carpet Alarm Clock」。

 アラームを止めるにはカーペットに立たなくてはならない仕組みのため、究極的に朝が弱い人にとっては画期的な目覚まし時計である。

おすすめおもしろ目覚まし時計⑦:水に沈めて止めろ!

出典:usvsth3m.com
 アラームを止めるには、水に沈めなくてはならないという潜水艦型目覚まし時計Sub Morning」。寝ているすぐ側に水があれば簡単かもしれないが、ない場合、風呂場や洗面台まで駆け込まなくてはならない。

 朝シャワーを浴びる習慣のある人におすすめの目覚まし時計である。


 今回紹介したおもしろ目覚まし時計を使えば、今までの朝とは違った朝を迎えることができるにちがいない。ただのアラーム音だけでなく、独自の進化を遂げてきたおもしろい目覚まし時計を使ってみてはいかがだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する