1. 「あのイライラ」を解決する最新文房具ベスト7! 世界初の“絶対に芯が折れない”シャーペンほか

「あのイライラ」を解決する最新文房具ベスト7! 世界初の“絶対に芯が折れない”シャーペンほか

出典:www.xerocad.co.uk
 日本は今や世界随一の文房具大国。毎日のように最新の文房具がリリースされ、スマホやPCと連動する文房具なども開発されており、ビジネスの場で活躍する文房具は増えるばかりだ。

 今回は、この春から新生活を迎えるにあたって文房具を新しく買い揃える方はもちろん、そうでない方にも是非おすすめしたい最新の文房具たちを紹介していこう。きっと、文房具を使うなかで生まれていた「あのイライラ」が解決されるだろう。

注目の最新文房具:ペン先が“しなって曲がる”蛍光ペン

ゼブラ:しなる蛍光ペン ジャストフィット 5色 WKT17-5C

出典: Amazon.co.jp
 皆さんは、分厚い本や辞典に蛍光ペンマーカーを引くときに線がブレてしまったり、電車内の揺れにより線が全く真っすぐに引けなかった、といった経験は無いだろうか?

 そんな悩みを解決してくれるのがこの最新文房具、ゼブラのジャストフィットだ。スポンジ状の柔らかいペン先と、先端に近づくにつれて薄くなっていく独特のはけ状により、平行で綺麗な線を引くことができるのだ。

 軽すぎる線の引き心地は癖になること間違いなし。新生活に向けて、是非持っておきたい最新文房具と言えるだろう。

注目の最新文房具:“針を使わない”ホッチキス

コクヨ:穴があかない針なしステープラー ハリナックスプレス 白 SLN-MPH105W

出典: Amazon.co.jp
 次に紹介する最新文房具は、圧縮してプレスすることによって書類を綴じる「針を使わない」ホッチキス。針を使わずに綴じるため針補給の必要は無く、そのままシュレッダーにかけられるのが大きな魅力。もちろん怪我をする心配も全く無い。

 綴じた書類がかさばることも無く、見た目にも非常に綺麗に仕上がると、まさに良いこと尽くめの最新文房具だ。

注目の最新文房具:ハサミいらず! 紙が綺麗に切れる定規

クツワ:HiLiNE アルミ定規 30cm XS30BK

出典: Amazon.co.jp
 職場や学校で欠かすことのできない作業と言えば紙の切り取り。定規で切る、という方も多いだろう。しかし定規で紙を切るには折り目をつけないと上手に切れなかったり、途中で失敗してしまったり……。

 この最新文房具は、アルミで出来ており角度も45度で作られているなど紙が切りやすいような工夫が為されている。0センチからメモリがスタートするなど、普通の定規としての使いやすさも抜群の最新文房具だ。

注目の最新文房具:世界初の絶対に芯が折れないシャーペン

ゼブラ:シャープペン デルガード タイプLx 0.5

出典: Amazon.co.jp
 学校や職場に留まらず、生活の必需品とも言える文房具であるシャーペン。当たり前だがシャーペンの芯は折れる。当たり前すぎて悩みですらないが、この最新文房具「デルガード」は“絶対”に芯が折れないのだ。

 どんな力自慢でも絶対に芯を折ることができないだけでなく、軸内部に芯を誘導する部品が搭載されているために芯詰まりが起きないのも非常に魅力的。是非一度、この最新文房具の凄さを体験してみてほしい。

注目の最新文房具:ユーザー目線の最新リングノート

コクヨ:ソフトリングノート セミB5

出典: Amazon.co.jp
 授業や会議などで重宝する文房具、リングノート。折り畳んで使えるので狭い場所でも活用できるのが魅力的な文房具だ。しかし、書くときにリングが手に当たってしまったり、リングが邪魔で端まで書くことが出来ないなど、悩みもリングに由来したものが多い。

 そこでコクヨが開発した最新文房具が、リング部分がソフトな素材で出来たリングノート。平らに開くため、上記の悩みを開発した上で書きやすさも大きく向上するなど使いやすさに徹底的にこだわった最新文房具だ。

注目の最新文房具:机の上に置くだけの簡単スキャナ

KING JIM:スタンドスキャナ「デスクショット」 ホワイト DK800

出典: Amazon.co.jp
 事務作業の時間を大幅に短縮することができるスキャナ。しかし、場所を取るからと諦めていた方もいるだろう。ひょろっとスリムでユニークな形状のこの最新文房具ならば、場所を取らずに書類をスキャンすることが出来る。

 この最新文房具の使い方は簡単。スキャナの足下にスキャンしたい書類を置くだけ。PCに繋いでおけばあとは自動で保存される。手軽さが大きな魅力の最新文房具だ。

注目の最新文房具:自動でスマホにメモが飛ぶハイテクノート

コクヨ:デジタルノート CamiApp S メモパッドタイプ iOS版

出典: Amazon.co.jp
 最後に紹介する最新文房具はコクヨから発売されているCamiApp S。メモパッドに専用のペンで書いて保存すると、それだけでスマホの専用アプリを今書いた内容がスマホにアップされているという、まさに最新と言える文房具だ。

 特筆すべきは精度の高い文字認識機能。走り書きでもきちんと認識してくれるのが嬉しいところだ。アイデアをパパッと書いて、そのままEvernoteなどに放り込んだり、かさばりがちな書類をまとめたりと、この文房具の使い方は無限大だ。
 

 気になる文房具はあっただろうか? 最新文房具の魅力は便利なだけでなく、コストパフォーマンスに優れているのも魅力の一つだ。

 普段使っているような文房具でも、今時の文房具は使いやすいようにアップデートされているのがほとんど。学校や職場で抱えている文房具によるストレスを、最新文房具で一気に解消してみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する