1. “セカンド”として大人気のコットンスーツ:春夏スーツ華やぐ、百花繚乱の魅力に迫る

“セカンド”として大人気のコットンスーツ:春夏スーツ華やぐ、百花繚乱の魅力に迫る

出典:thefullerview.tumblr.com
 百花繚乱のカラーバリエーションを持つコットンスーツ。軽快でありながら洒落っ気を放つ伝統素材のスーツは、いつの時代もスタイリッシュなビジネスマンたちの立役者となってきた。

 コットンスーツといえば陽の光に映えるベージュが王道であったが、昨今はグリーンやネイビーなどシックなカラーのスーツが軒並み顔を揃えている。

 新しい季節が芽吹き出す今日、「そろそろ“次の一着”が欲しいなあ」なんて思いが頭をよぎる。春夏迫る今だからこそ、来るべき季節に備えてスーツに新顔を加えてみてはいかがだろうか。

“セカンド”に一押し:コットンスーツの多彩な魅力

 冬から春に、春から夏に。季節が改まると、なぜだかちょっとした変化がほしくなるもの。服装しかり気分しかり、一新したくなるのが人の常だ。そろそろ、お決まりのスーツも見飽きてきた頃合だからかもしれない。

 もう一着ウールのスーツを買うには惜しいが、見慣れたクローゼットに新しい風もほしいところ。コットンスーツは、まさにそんな人たちのためのスーツだ。

オンオフ問わない『上質なカジュアルさ』がその魅力?

 セカンドスーツとして人気を博しているコットンスーツ。多くのビジネスマンの“二番目”を射止めるスーツの魅力は、オンオフ両刀の上質なカジュアルさにある。

 おしゃれ着として、「遊び感」が強いのがコットンスーツ。きっちりした着こなしならビジネス向きに、フランクな着こなしならば休日のカジュアルコーデにぴたりとハマるこのスーツ。風格あるスーツスタイルを求めるあなたの願望を綺麗に叶えてくれるだろう。

いかに着こなすのが正解か?:コットンスーツの着こなし術

ONスタイル|容易なビジネス使いが魅力のコットンスーツ

出典:theberry.com
 ラフに、そしてカジュアルに、けれど格好良く。コットンスーツは、そんな男の願望を叶えてくれる今季一押しのスーツである。

 洒落っ気の強いスーツだからこそ、着こなしも強気で挑みたいもの。いつもは無造作に整えているヘアも気合を入れてセットしたい。

 コットンスーツなら嫌味のない上品さが演出できる。ビジネス向きに仕上げるなら、タイトなフィット感は欠かさず取り入れたい。

ON&OFFスタイル|単品使いも難なくOK! こんなスーツが欲しかった

出典:lookastic.com
 他の素材にはないハリやシワがまたとない持ち味のコットンスーツ。その最大の魅力は、なんといってもカラーバリエーションと使い勝手の良さにある。

 コットンスーツなら、上下の組み合わせが自由自在。日頃のスーツよりも手軽に、そしてお洒落に休日スタイルを楽しむことだって可能なのだ。

 ならば、ぜひとも普段のスーツとは異なる色合いのコットンスーツを着こなしたいとは思わないだろうか。

OFFスタイル|カジュアルなジャケパンコーデも多彩に

出典:lookastic.com
 ジャケパンコーデは紳士のカジュアルな休日スタイル。多彩な色が魅力のコットンスーツがあれば、ラフな着こなしにも華が添えられる。

 デニムと同感覚でさらりと着こなせるコットンスーツは、ONもOFFも大活躍だ。

おしゃれ着だからこそ丁寧に扱いたい:コットンスーツ管理方法

コットンスーツの管理ポイント

  • アイロン掛けは“必ず”行う
  • 洗濯は最小限に留め、クリーニングに出すのが吉
 コットン素材のスーツは他素材のスーツより非常にシワがつきやすい。シワもある意味持ち味のコットンスーツではあるが、ビジネス用のスーツとしてはいささか気になる課題点だ。無論春夏は汗や汚れも気になってしまう。

 スーツを洗いたいときは、まず洗濯表示のタグを確認してみて欲しい。手洗いOKの表示があれば、ドライや手洗いコースなど水流が弱いコースならば洗濯しても良いだろう。その際、脱水は短く最小限に留めたい。

 しかし自宅での洗濯は手間も多く、スーツごとの特徴など細かい点も鑑みればやはりクリーニングに出すのが安心だ。ビジネスなのかカジュアルなのか、コットンスーツの用途に合わせて適切に判断したい。

アイロン掛けは普段から

 コットンは熱への耐性が比較的強い素材なので、スーツの不要なシワを取り除くためにもアイロン掛けは普段からなるべく行いたい。ここでも万一のことを考えて、コットンスーツのアイロン掛けにはあて布を使用するのがおすすめだ。

 霧吹きで軽く湿らせるか、アイロン用の仕上げ剤を使用するとシワを取りやすい。管理の行き届いていないスーツ程恥ずかしいものはない。コットンスーツの魅力を最大限引き出すためにも、普段からの管理が欠かせないのだ。


 昨今、クラシカルな着こなしがトレンドのスーツ。移り変わりの早いファストファッションブームの背後で、確かな“本質”を求める人々が増えている。

 スーツの着こなしに華を添えるコットンスーツは、そんな本質思考の人々が生み出した、真の上質なお洒落なのかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する