1. 保険証が発行されるまでに病院に行きたい場合は? 資格証明書の書き方は?

保険証が発行されるまでに病院に行きたい場合は? 資格証明書の書き方は?

出典:visualhunt.com
  自分は絶対に失くしものをしないと言い張る人はよくいるが、そういう人油断をしてはいけない。実際無くす人は想像よりも多いのだ。今回は保険証を持っていないと時に病院に行く場合について紹介する。

保険証が発行されるまでの間は資格取得証明書でも代用できるの?

  日本では国民皆保険制度が整えられ、保険に加入することが必須だ。保険に加入すれば保険証を発行され、医療機関に受診する際に提示すれば自己負担が30%になるのだ。外国人旅行客だったらこんな恩恵は受けられない。しかし日本人でも受診の際に保険証を持参していなかった場合は全額負担となる。後に保険証を持ち込めば差額決済は可能だが二度手間となりめんどくさいと感じるだろう。

 そこで保険証を持っていない期間に病院に行くとき、資格取得証明書で代用できるのか。答えは「代用できる」だ。全称「健康保険被保険者資格証明書」で、保険証の手続きや再交付申請などの理由で保険証を持っていなかったら、この資格証明書を提示すれば医療費は3割負担に割り引かれる。資格証明書は保険に入っていることを証明してくれる物で、保険証と同じとを見てもよい。事業所保険窓口に資格証明書が必要であることを申し出れば、すぐに発行できる。また、使用し終わった後は破棄せず、発行元の事業所保険窓口に返却すること。

資格取得証明書に必要な情報とは?

出典:visualhunt.com
  資格取得証明書は保険証の代わりとなるもの、そしてあなたが被保険者であることを証明する物でもあるので、記載している情報も保険証と同じのはずだ。まずは保険者の事業番号、名称と所在地は必ず載っていないといけない。本物の保険証では表に記載されてある。保険者というのは被保険者が所属する会社もしくは公的機関の従業員の健康保険を担当する部署だ。毎月支払っている保険料の大きな割合は保険者が負担してくれる。保険者の基本情報以外に必要なのは被保険者の保険者証の記号と番号、そして証明書の有効期間だ。有効期間は基本この「健康保険被保険者資格証明書」が発行された日(=証明年月日)から20日以内とする。

 もちろん手続きする年金事務所の印はちゃんと押されていることを確認してほしい。この資格証明書は年金事務所が記入することになっているので、被保険者は以上の内容に記載漏れがないことを確認すればよい。

資格取得証明書申請書の書き方について

  先ほど紹介した健康保険被保険者資格証明書は年金事務所が記入することになっていて、被保険者がやるべきなのは記入漏れのチェックであると伝えたが、発行までの手続きは被保険者自身が行わなければならない。この手続きでメインとなるのは「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」だ。申請する際はこれを記入して提出しないといけない。ここで書き方について説明する。

 申請年月日を年号から書き終わったら、事業所の整理番号と事業番号を書く枠が最初に出ている。これは健康保険証に載っている事項であり、保険証のコピーがあればわかるが、もしなければ年金事務所の人に聞くしかない。そのあとは自分と家族の氏名、生年月日、性別、資格取得年月日、証明書発行理由を逐一記入する。資格取得年月日は保険の加入日である。最後に事業所の詳しい情報を書いて終了である。


  この記事を読んだ皆さんは、保険証の問題に関して気に病むことなく病院に行くことができるはずだ。運悪く保険証の再発行期間中に体調を崩した人はぜひこの制度を利用して医療機関に掛かろう。保険証がないからと言って体調不良を我慢することだけはやめたほうがいい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する