1. 世界で最も住みやすい10都市を発表:食の都に音楽の都、君の住みたい都市もランクインしてる?

世界で最も住みやすい10都市を発表:食の都に音楽の都、君の住みたい都市もランクインしてる?

by Sprengben [why not get a friend]
 君の住む都市は住みやすい都市だろうか。君の考える住みやすい都市とはどんな都市だろう。

 イギリスの経済誌『The Economist』が発表した「世界の住みやすい都市」ランキングから、住みやすい都市のトップ10に選ばれた世界の都市を紹介する。住みやすい都市の基準として、安定性、医療、教育、インフラ、文化などの要素を総合的に判断したランキングとなっている。早速みてみよう。

住みやすい都市ランキング:トップ10

住みやすい都市:1位 メルボルン(オーストラリア)

出典:www.flickr.com
 住みやすい都市ランキング1位となったのは、オーストラリアのメルボルンである。歴史的な建物や文化が多く残り、のんびりとした雰囲気がある。オーストラリアでは、シドニーに次ぐ人口400万人を超える都市となっている。

 メルボルンは特に医療やインフラにおいて高く評価され、住みやすい都市の1位となった。都市には緑があふれ、ガーテンシティと呼ばれることもある。公共交通機関が充実し、24時間運用の国際空港もその中に含まれている。救急の時には24時間受け付けているメディカル・センターが対応してくれる。

 質の高い大学が数多く存在し、教育の街と呼ばれることもあれば、食の都としても知られ数多くのレストランも存在している。カフェの街としても知られ、多くの呼び名をもつメルボルンなのである。住みやすい都市1位に誰もが納得する都市なのだ。

住みやすい都市:2位 ウィーン(オーストリア)

by ancasta1901
 住みやすい都市2位となったのは、オーストリアの首都ウィーンだ。都市単独で連邦州となっていて、ヨーロッパ有数の世界都市となっている。クラシック音楽が盛んで音楽の都として知られる都市でもある。

 ウィーンは歴史深い街並みとモダンカルチャーが調和する、住みやすい都市となっていて、ウィーンフィルの野外コンサートが無料であったりと、文化的に恵まれた都市となっている。

 ウィーンの水道水はアルプス山脈から引かれた水で、ミネラルウォーターを飲むよりもおいしいといわれている。豊かな自然にも恵まれているのも、住みやすい都市の要素の1つとなっている。

住みやすい都市:3位 バンクーバー(カナダ)

by Nick Kenrick.
 住みやすい都市3位にランク入りしたのは、カナダの都市バンクーバーだ。林業が最大の産業で、自然に囲まれた都市として知られ、観光業が第2の産業となっている。

 世界でも主要な映画制作会社が多く拠点をもつ都市で、通称ハリウッド・ノースと呼ばれる。国際会議や国際競技も数多く開催される都市にもなっている。

住みやすい都市:4位 トロント(カナダ)

by paul bica
 住みやすい都市4位となったのは、カナダのトロントである。カナダ最大の都市でカナダ随一の金融センターともなっている。カナダ経済の中心都市で、かつては世界最大の高さを誇っていたCNタワーはトロントの象徴となっている。

 世界クラスの博物館や美術館、劇場などもあって、文化面においても世界的な役割を果たしている都市である。犯罪発生率が低く、清潔な住みやすい都市としても知られている。

住みやすい都市:5位 アデレード(オーストラリア)

出典:www.flickr.com
 住みやすい都市5位にランク入りしたのは、文化と芸術の都として知られるオーストラリアのアデレードである。アデレードは多くの移民を受け入れてきた歴史から、様々な文化の混じり合い、豊かで活気ある食文化が生まれている。アデレードは数多くの芸術祭の開催地にもなっている。

住みやすい都市:5位 カルガリー(カナダ)

by MSVG
 住みやすい都市の5位にアデレードと共にランク入りしたのは、カナダのカルガリーである。都市の近郊は豊かな自然に恵まれ、マウンテンリゾート地となっている。時代とともに大きく様変わりしてきた都市で、カナダでは近代的な国際都市の役割を果たしている。

住みやすい都市:7位 シドニー(オーストラリア)

by szeke
 住みやすい都市7位となったのは、オーストラリア最大の都市シドニーである。国際的な観光都市で世界で最も美しい都市とされることもある。海に臨むオペラハウスが象徴的である。四方を大自然に囲まれながらも、金融、商業、交通の中心都市となっている。

住みやすい都市:8位 パース(オーストラリア)

出典:www.flickr.com
 住みやすい都市8位は、オーストラリアのパースである。パースは白いビーチが途切れることなく海辺を走っている。他の州都に比べると比較的小さな都市で、中心街はパースの金融の中心となっているが、平日には活気に溢れるが休日は静かな様子となる。

住みやすい都市:9位 オークランド(ニュージーランド)

by Chris Gin
 住みやすい都市9位となったのは、ニュージーランドのオークランドだ。かつてはニュージーランドの首都だったオークランドは、ニュージーランド最大の都市である。人口の半分近くが海外の出身者となっているグローバルな都市だ。都会でありながら、周辺には豊かな自然が広がる都市となっている。

住みやすい都市:10位 ヘルシンキ(フィンランド)

出典:www.flickr.com
 住みやすい都市10位にランキング入りしたのは、フィンランドのヘルシンキである。フィンランドの首都で、最大の都市である。フィンランドの主要施設、主要資源がほとんど集まった都市といっていいだろう。

住みやすい都市:10位 チューリッヒ(スイス)

出典:www.flickr.com
 住みやすい都市10位にヘルシンキと共にランキング入りしたのが、スイスのチューリッヒである。スイス最大の都市で、交通網の要所、世界の巨大な金融センターの一つとなっている。都市には数多くの金融機関や研究開発センターが立地している。


 以上『The Economist』の「世界の住みやすい都市」ランキングから、住みやすい都市を10位まで紹介した。住みやすい都市としてオーストラリアからは4つの都市、カナダからは3つの都市がランキング入りしている。

 経済的な観点が重要視された住みやすい都市のランキングとなっているので、移住を考える際やビジネス展開を考えるうえで参考にしてもらえればと思う。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する