1. 万年筆の使い道にはもう困らない8つのメソッド:家に眠っている万年筆を輝かせるチャンス到来

万年筆の使い道にはもう困らない8つのメソッド:家に眠っている万年筆を輝かせるチャンス到来

出典:www.bespokepost.com
 持っていると少し背伸びをした気分になれる、万年筆。筆圧いらずで、味のある文字をかける万年筆は、誰しもが憧れる存在だろう。シャープペンシルやボールペンとは全く違う書き心地だ。

 さて、そんな万年筆を持っている人は多いのではないだろうか。親や友達からプレゼントでもらったり、憧れの万年筆を自分で買ったりする人は多い。しかし、実際はどんな場面で使えばいいのか、使い道がわからない方も多いだろう。万年筆は、日常のあらゆるところに使い道があるのだ。今回は、万年筆の使い道をいくつか紹介する。

万年筆の使い道1:手紙を書く

出典:www.theguardian.com
 メールや電話が台頭してきた今、手紙を書く機会は減少している。しかし、ちょっとしたお礼状を書くとき、日ごろお世話になっている人に感謝の手紙を書くとき、万年筆を使えば、心のこもった手紙になるのではないだろうか。

 万年筆は、筆圧や筆使いのスピードで、インクがにじんだり、線に強弱が付いたりする。万年筆にしか出せない味わい深い手紙が書けるのだ。万年筆の使い道として、手紙はかなりおすすめの使い道である。

万年筆の使い道2:年賀状を書く

出典:munsonpens.wordpress.com
 年賀状を、印刷するだけで済ましていないだろうか。大量に出すから、一人ずつに手書きで書くのは面倒くさいと思っている方も多いだろう。しかし、年賀状には一言でも手書きでメッセージを書きたいものだ。

 そこで、万年筆の登場である。万年筆はコツをつかめば、筆圧いらずですいすいかけるようになる。ボールペンで書くよりむしろ万年筆で書いた方が、自分の腕にも優しく、さらに届いた相手にもおっと思わせる年賀状を作成できる。

万年筆の使い道3:手帳への記入

出典:alexschroeder.ch
 毎日使う手帳を記入するとき、万年筆を使えばさらにかっこいい手帳を作ることができる。予定が入った時に、万年筆でさらりと記入する姿を想像してみてほしい。なかなか格好いい万年筆の使い道ではないだろうか。

 万年筆は、ペン先の太さも様々あり、予定をたくさん書きこむ手帳に使うなら、細字なものの方がいいだろう。お手持ちの万年筆が手帳使いに向いているかどうか確認してみてほしい。もし、万年筆のペン先が少し太かったとしても、万年筆を取り扱っているお店に頼めば、ペン先の調整をしてくれる。

万年筆の使い道4:絵をかく

出典:blog.antonemdin.com
 万年筆は、文字を書くものと思っていないだろうか。絵をかくという使い道でも、万年筆は活躍してくれる。最近、万年筆を絵をかく道具として使っている方が多いという。万年筆は、線の太さやタッチの強弱が調整できるため、なかなか味のある絵が描けるそうだ。

 万年筆で文字を書く、という使い道だけではなく、色々な使い道を見つけることで、万年筆をもっと楽しく使いこなせるようになるのではないだろうか。特に、万年筆で絵を描く際には、「ふでDEまんねん」という、万年筆界ではファンも多いセーラーの万年筆がおすすめだ。リーズナブルで、絵を描く際に使いやすい。

万年筆の使い道5:メモを取る

出典:toolsandtoys.net
 会社で言われたことをメモにとるとき、買い物リストをつくるとき、ほんの少しメモをとることはしょっちゅうある。“万年筆の使い道がいまいちわからない”、という方は、万年筆が少し敷居の高いもののように感じているのではないだろうか。

 せっかく万年筆を持っているなら、使わないのは損だ。ちょっとしたメモをとるときに、万年筆を使ってみよう。何度も使っていくうちに、手にもなじみ万年筆がもっと使いやすくなり、万年筆を使うことに抵抗がなくなる。

万年筆の使い道6:サインをする

出典:greaterlondonvolunteering.org.uk
 社会人たるもの一度や二度、サインをする機会があるだろう。万年筆でサインをすれば、ぐっと信用が高まりそうだ。サインのときは、高価なボールペンを使ってサインをするという人もいる。万年筆でサインをするというのも、立派な使い道の一つである。

万年筆の使い道7:日記を書く

出典:www.paperforfountainpens.com
 その日を振り返る日記を書くときにも、万年筆を使ってみてはどうだろうか。万年筆は、書くのにコツがいるので、毎日書けば、万年筆を使いこなす練習にもなるかもしれない。万年筆を手持ちぶさたにしている人には、おすすめの使い道だ。

 あとで書いた日記を振り返った時、万年筆で書かれていたら、日記に重みが増しそうである。ぜひ、その日に思ったことでもなんでも、万年筆を使って綴ってみてほしい。

万年筆の使い道8:勉強をする

出典:thesocialjeep.com
 学生時代、机にかじりついて勉強していた時代もあっただろう。社会人になって、仕事以外で勉強したことはあるだろうか。万年筆と、ノートを手に取り勉強してみると、また新たな世界が開けるかもしれない。

 学生時代は、シャープペンシルでとっていたノートを、万年筆にすり替えるだけだ。万年筆を使って勉強というのも、なかなかはかどりそうである。これを機に、資格などの勉強をしてみてはどうだろか。万年筆も使えて、スキルも上がっていいこと尽くしだ。


 万年筆は、使えば使うほど、自分の手の角度や筆跡に合わせてペン先の形を変えてくれる。その結果、万年筆は手になじみ、さらに書きやすくなるのだ。万年筆を持っていたが、今まで使い道が見つからなかった方も、とりあえず日常のあらゆる場面で万年筆を使って書くことを始めてみてほしい。万年筆の使い心地にはまってしまうだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する