1. 条件が魅力的なクレジットカードは、審査が通りにくい? 「クレジットカード審査偏差値」について解説

条件が魅力的なクレジットカードは、審査が通りにくい? 「クレジットカード審査偏差値」について解説

by Sean MacEntee
  クレジットカード発行会社はどれも客に自社の会社を作って欲しいと魅力的なキャンペーンやサービスを多く用意する。それが本当に多種多様で選ぶ側としても非常に悩むと思う。

 そして当たり前のように、より魅力的な特典にはより多くの人が集まる。そうなると自分の申請したいクレジットカードの審査に通りにくくなるじゃないかと思う人もいる。実際、そのようなクレジットカードはどうであるかについて調べてみた。

クレジットカード審査偏差値とは?

 クレジットカードは発行会社によって特典等が異なると同時に、審査基準も違ってくる。特に高級デパートで発行される高収入者向けのクレジットカードは、特典がおいしいが年収の条件が凄く厳しいことで知られる。普通に考えるとこれは納得しやすいことである。

 高価な商品を売るデパートで買い物する客がお金を返せなくなったら、その分だけ銀行が損するわけだから、確実にお金を回収するためにも消費者に返還能力があるかどうかを見極める必要がある。お金持ちほど安心してローンを組ませてあげられるので、カード発行会社ごとに審査基準があり、消費者にとって審査の通りやすさという審査偏差値が生まれる。

 だが、この年収だから絶対にクレジットカードの審査に落ちるということではなく、向こうのクレジットカード会社があなたは絶対お金を返すという信用があれば発行してくれるかもしれない。詳細はクレジットカード発行会社との相性もあるかと思う。

どのようにすれば好条件のクレジットカードの審査が通るの?

 クレジットカードの発行会社がクレジットカードを作らせてくれるかどうかは、クレジットカード会社の自分に対する信用度を表していると前に言及した。だからクレジットカード発行会社に信用してもらえれば良い。でもこれは、よく分からない部分が多い。

 実際、お金を借りたり返したりする経験のない人は、どうすれば自分は信用できる人間だと証明するのか。方法は簡単で、このまま何もしなくていいのだ。何も記録に残さないというのは借金する記録だけじゃない、家賃とか携帯料金の滞納の履歴も残さないこと。これは重要である。滞納履歴は、特に審査合格の邪魔になるのだ。しかし、これでも、クレジットカードの審査に絶対に通るという保証はない。これ以外はあなたの努力できる範囲ではないのだ。例えば、家族に借金未払いがあるとか、外国人だからであるとか、自分に選択肢がないことも足かせになったりする。これらのことに関しては諦めるしかないと思われる。

 とにかく、クレジットカードの審査を通りやすくするために個人にできることは、審査書類を丁寧にミスなく書く、自分の履歴に悪いイメージをもたらす情報を作らない。それとクレジットカードの審査がゆるくなる時期もあって、それはクレジットカード発行会社が会員数を増やしたい時期である。

 例えば大々的にクレジットカード申込のキャンペーンを宣伝している時期とか、クレジットカードの入会者が少ない時期だとか。一年を通してみると五月から七月あたりが一番クレジットカードの入会者数少ないので、そこら辺を狙ってみるのもいいかもしれない。

2016年のクレジットカード審査偏差値とおすすめカード

 2016年が始まったばかりだが、この一年のクレジットカード審査ランキングについて紹介する。年収の低い者、審査に通る自信のない者は参考にしていただけたらと思う。

 まず、日本で一番通りやすいクレジットカードは、何と言っても楽天カードだ。テレビのCMでよく見かけるように、このクレジットカードに入会すると最大8,000ポイントももらえる(最近は主に5,000だが)、これにほぼ審査基準がないというのもありがたい。楽天カードは低年収者にとっては福音であり、学生向けクレジットカードでもあるが、学生は社会人よりも審査に通りやすいこともあるので、もっとレベルの高いところをお勧めしたい。とりあえずクレジットカードを持ってみたいという人は楽天カードをおすすめしたい。

 このクレジットカードは借り入れる金額の上限は幾分低いが、そこもリスクが低いという利点がある。学生や低年収者ではない場合、少しでもレベルの高いカードを作りたい人は自分の年収を踏まえつつ、よく知られているようにゴールド、ブラック、プラチナと色々ある。そこで忘れないで欲しいのは、上級に行けば行くほど相応な年会費が取られるので、背を伸ばしすぎると案外その負担が重くのしかかるかも。審査偏差値も人気の高いクレジットカード、メジャーなクレジットカードほど高い。


 クレジットカードは頻繁にそして長く使っていくものなので、クレジットカードの選択は慎重にお願いしたい。自分の身丈にあうクレジットカードを選んで欲しい。ある程度絞ったらそこからそのクレジットカードの特典を調べて、自分の満足できるクレジットカードを作ってみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する