1. 冬の定番セーター×シャツコーデを体得せよ! バリエーション豊かなセーターとシャツの組み合わせ集

冬の定番セーター×シャツコーデを体得せよ! バリエーション豊かなセーターとシャツの組み合わせ集

出典:lookastic.com
 メンズの定番冬コーデの一つと言える、セーター×シャツの重ね着スタイル。実際によくこのスタイルを楽しんでいるメンズも多いのではないだろうか。

 このコーデの良いところは、セーターやシャツのデザインを変えることで無限に違ったコーデを作ることができる点にある。

 普段からシャツやセーターに馴染みのあるメンズ諸君も、この記事を通してシャツ×セーターファッションにさらなる可能性を感じてくれれば幸いだ。

白シャツ×カラーセーターで安心のおしゃれスタイルに

 最も無難で挑戦しやすいのが、白シャツとカラーセーターを組み合わせた、シンプルなのに華やかなこのスタイル。

 セーターのすそから少しだけのぞく白シャツが程よいカジュアル感を演出し、優等生ファッションになり過ぎないような工夫になる。

 シャツをはみ出させ過ぎればだらしなく見えてしまうので、このコーデではシャツとセーターの絶妙なサイズ感が大事になってくるのだ。

 逆に言えば、優等生風スタイルにしたければシャツの裾はズボンにしまい、無骨スタイルにしたければ大きめのシャツを選んで長めに裾を見せれば良いということだ。

 白シャツを一枚持ち、様々なカラーのセーターを組み合わせればいくらでも違ったスタイルを楽しめる便利ファッションと言えるだろう。

灰色セーターとシャツコーデでシックな大人メンズへ

出典:www.gilt.com
 クールなファッションを好むメンズに断然おススメなのがグレーカラーのセーターを使ったコーデ。こちらのセーターの場合も、綺麗目スタイルを目指して白シャツを合わせたい。

 より落ち着いた印象を出すためには、パンツにブラックやネイビーなどの暗めのカラーを入れるのが正解だ。

 さらにこうした大人なスタイルの時に実践すべき小さなこだわりテクニックが、“白シャツの襟をセーターの外に出さない”こと。

 セーター×シャツコーデでシャツ襟を出すと、制服のようで少し子供じみた印象になってしまうが、シャツ襟をセーターの下にしまうことでそのイメージが払拭されるのだ。

 首の詰まったセーターだからこそ楽しめる、白シャツ着こなしの粋なこだわりと言えるだろう。

柄セーターにはあえての柄シャツで上級コーデに

出典:www.gilt.com
 柄付きセーターの中では定番のノルディック柄セーター。

 色合いやデザインは派手なものが多いが、これにあえてストライプなどの柄シャツを合わせると、意外とバランスがとれるのだ。

 ここで一つ気を付けたいのは、セーターのベースカラーとシャツのベースカラーの色合いを揃えることだ。この写真の場合なら紺のセーターなので、シャツは青系のストライプを合わせている。

 こうしてセーターとシャツの色合いを合わせることで、柄もの同士が気持ちよく調和するのだ。

 このように柄シャツと柄セーターでチャレンジングなコーデを完成させれば、誰もがあなたをおしゃれ上級者だと信じて疑わないだろう。

ボタン付きのセーターで定番のシャツ×セーターコーデに変化を

 定番になりがちなシャツ×セーターコーデだが、少し新しさを入れたい場合にはセーターの形に変化をつけよう。

 この写真の場合でいうと、セーターのフロント部分に少しボタンが付き、首元が襟のようなデザインとなっている。

 たったそれだけなのだが、こうしたデザインの違いによって普通のセーターとは全く違うアイテムのように感じないだろうか?

 このボタン付きセーターコーデは、甘くなりがちなセーターに少しワイルド感をプラスしてくれるため、体格が良く、セーターがあまり似合わないと悩むメンズにもおススメできるスタイルだ。

 ここでも下にシャツを合わせて、ワイルド感が行き過ぎないように上手にバランスを取るのを忘れずに。

 写真のように、赤みのあるセーターにあえて水色のシャツを持ってくるのが、上手な色使いと言える。

 そしてこうしたワイルド感のあるセーター×シャツコーデに関しては、シャツのボタンを2つほど開けておいたほうがしっくりくるだろう。

ギンガムチェックシャツもセーターとの重ね着でバランスを

 派手になり過ぎる、あるいはどうしても幼稚な雰囲気が出てしまうギンガムチェックシャツ。しかしセーターを重ねた後ろからそのシャツをチラ見せすれば、シンプルなセーターコーデのアクセントとなる。

 ギンガムチェックシャツは普通のチェックシャツよりもきちんとしたイメージがあるので、大きめシルエットセーターよりはタイトな薄手セーターを合わせるのがおススメだ。

 そしてネクタイなどを合わせてフォーマル感を引き立たせれば、スラックスパンツとも相性抜群のフォーマルコーデが出来上がる。

 特にVネックのセーターにシャツを合わせるときには、こういったフォーマルスタイルがぴったりなのだ。

 このとき、暗い色のシャツやセーターよりも、写真のように明るい色を選んだほうが柔らかな印象に仕上げることができるだろう。

パステルカラーのセーターには同系色のシャツやパンツが正解

出典:lookastic.com
 優しく爽やかな印象に仕上がるのがこのパステルカラーセーター。

 セーターに明るい色を取り入れるのなら、シャツだけでなく上から下までトコトン明るい色を取り入れてしまう方がすっきりする。

 このようにシャツ×セーターコーデは、まずセーターの色を基本に考え、それに合わせてシャツとパンツの色を決めていくのが肝なのだ。

 この写真ではライトブルーのセーターを選んでいるため、シャツも同色のものを持ってきている。

 パンツは、パステルカラーと相性の良いホワイトカラーを合わせ、足だけが浮いたりしないようシューズも薄めのカラーで調和させよう。

 最後にアウターやソックスにしっかり締め色を用いて整えれば、軽すぎずバランスのとれた着こなしとなる。

 冬だからこそ取り入れたいパステルカラーセーター・シャツは、無骨メンズにこそ挑戦してほしいファッションアイテムだ。


 ここまでいくつかのセーター×シャツコーデを紹介してきたが、冒頭で書いたように、セーターやシャツを変えることでこのコーデはいくらでもバリエーションを増やすことができる。

 流行りに乗り遅れまいとトレンドを追いかけるのも良いが、このような安定のスタイルを自分のものにするのもファッションの楽しみ方の一つだろう。

 自分の体や好みに合わせて、自分ならではのセーター×シャツコーデを作り出してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する