1. 脱ブナン紺ジャケットしたい。無難すぎないおしゃれ紺ジャケット、教えます。

脱ブナン紺ジャケットしたい。無難すぎないおしゃれ紺ジャケット、教えます。

出典:guyliness.tumblr.com
 夏が終わり、少しずつ涼しくなってきた秋。トップス1枚で過ごすには寒く、ジャケットなどのライトアウターを着るのにちょうどいい季節だ。

 ジャケットは秋の定番ファッションアイテムだが、その中でも「紺」は大人っぽく仕上がるカラー。紺がお気に入りの人も多いはずだ。しかし、紺はコーデを“無難”にしがち。
 
 みんなお気に入りの紺だが、今回は他の人と差をつける紺ジャケットを紹介する。秋のコーデに参考にしてほしい。

無難な紺ジャケットから脱出せよ:プレッピースタイル

出典:www.napoleonia.com
 最初に紹介する紺ジャケットは、エンブレム付き紺ジャケット。エンブレム付きだとなんでも学生っぽい仕上がりになるが、そこが逆に良い。プレッピーなコーデは若々しい印象で爽やか。中のシャツとも相性抜群。コーデ全体としては、ブルー系統のカラーでまとめるのが正解。

少し気が早い? ベロア素材を使った紺ジャケットで差をつけろ

出典:www.bloglovin.com
 コーデの中に異素材をMIXすることは、もはや常識だろうか。写真の紺ジャケットに使われている素材は、ベロア素材。ベロア素材とは、ベルベットに似た毛羽を持つ滑らかな光沢感の生地のことを指している。普通のジャケットに使われている素材よりも暖かいため、もう少し寒くなってきたら着たい紺ジャケットだ。

首元にボリューム。高級感たっぷりの紺ジャケット

出典:fashionsnap-freaks.net
 こちらの紺ジャケットももう少し寒くなってきたら着たい1枚だ。どんなアウターでも首元にボリュームがあるデザインのものは、高級感が漂っている。また、首元にボリュームを持たせることで、小顔効果も期待できる。

 余談だが、紺と薄ピンクの相性は抜群。薄ピンクのシャツと紺のボトムスで合わせて、おしゃれに仕上げることもできるためおすすめ。

紺ジャケットを着るなら、中は派手めトップスでキメろ

出典:suit-bowtie.tumblr.com
 無難な紺ジャケットを着て、中のトップスも無難にしてしまったら、当たり前だが無難コーデの出来上がりだ。

 そんなコーデにしないためにも、トップスは派手めなものをチョイスが正解。普段着ることができない派手なトップスだとしても、上に紺ジャケットを着ているため、楽々挑戦ができ、おすすめだ。

柄×紺ジャケットはおしゃれ度抜群の組み合わせ

出典:universeofchaos.tumblr.com
 無難な紺ジャケットには、柄を組み合わせるのもGOOD。写真のチェック柄紺ジャケットは、普通の紺ジャケットよりもぐっとおしゃれ。だけど、カラーは紺だから合わせやすい。特にチェック柄は秋に着たい柄の一つ。紺ジャケットに組み合わせれば、季節感抜群のおしゃれコーデの出来上がりだ。


 以上が無難すぎないおしゃれ紺ジャケットだが、無難な素材・デザインの紺ジャケットも着回しができて、秋のマストアイテムだ。しかし段階として、無難な紺ジャケットに飽きたと言う人に上記の紺ジャケットをおすすめする。

 無難もいいが、たまには奇をてらったアイテムをコーデに取り入れるのも、おしゃれの楽しみと言うものではないだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する