1. Gmailの容量不足を一瞬で解決するなら、不要メールはまとめて削除!

Gmailの容量不足を一瞬で解決するなら、不要メールはまとめて削除!

Gmailの容量不足を一瞬で解決するなら、不要メールはまとめて削除! 1番目の画像
 「保存容量が残りわずかです。空き容量を確保するか、追加容量を購入してください」

 ついに恐れていた日が来てしまった……。Gmailの使用容量が99%を超え、上記の警告文が表示されてしまったのである。

 Gmailは、最大15GBの容量が使える(ドライブ、Googleフォトと共用)。このアカウントを使い始めたのは、2007年頃。それから足かけ約10年――まさか、規定の容量を使い切る日が来るとは思ってもみなかった。

 使い始めた当初、この手のウェブサービスは容量の大きさを売りにする傾向があり、使用可能な容量は少しずつ増えていた。そのため、容量を使い切るという事態はまったく想定していなかった。というか、「世界中の情報を整理する」という高邁な理念を掲げるGoogleのサービスが、容量に関することでユーザーに不便を強いることはないと思っていた。

 しかし、現在の仕様に落ち着いてからは(おそらく2013年頃)、容量が増える気配がまったくなくなった。これはもう観念するしかないだろう……。ということで、今回はGmailの空き容量を確保するためのデータ削除方法をご紹介しよう。

Gmailはどのぐらい容量を食っているのか?

Gmailの容量不足を一瞬で解決するなら、不要メールはまとめて削除! 2番目の画像
 まずは、Gmail、ドライブ、Googleフォトの3つのなかで、どれが容量を食っているのかを確認してみた。使用容量の内訳は、Gmail画面下部の「管理」から参照できる。「ドライブストレージ」画面が表示されたら、「詳細を表示」をクリックしてみよう。

 私の場合は、Gmailが最も容量を食っており、13.85GBも使っていることがわかる。ドライブは1GB未満(0.95GB)、Googleフォトに至っては0.05GBしか使っていない。やはりGmailに保存している不要なメールを削除するしかない、と改めて決意した。

読み返すことのない古いメールを削除する

Gmailの容量不足を一瞬で解決するなら、不要メールはまとめて削除! 3番目の画像
 古いメールを検索するには、「before:」や「after:」という検索演算子を使うのが便利。例えば、「before:2010/01/01」と入力して検索すれば、2010年以前のメールを検索できる。

 また、期間を指定したい場合は、「before:」と「after:」を組み合わせて使う。2012年にやり取りしたメールのみを検索したい場合は、「after:2011/01/01 before:2012/01/01」と入力する。

 私の場合、ひとまず5年以上前(2012年より前)のメールを読み返すことは、もうないであろうと判断。検索ボックスに「before:2012/01/01」と入力して検索した。
Gmailの容量不足を一瞬で解決するなら、不要メールはまとめて削除! 4番目の画像
 指定した条件でメールを検索できたら、「選択」にチェックマークを付けてメールを選択する。この状態では、指定した条件に合致するすべてのメールは選択できていないので、「この検索条件に一致するすべてのスレッドを選択する」をクリックしよう。

 検索したすべてのメールを選択できたので、「削除」をクリックする。これで、メールがゴミ箱に移動する。
Gmailの容量不足を一瞬で解決するなら、不要メールはまとめて削除! 5番目の画像
 この状態ではゴミ箱にメールが残っているので、空き容量は増えない。左端のメニューで「ゴミ箱」を選択し、「[ゴミ箱]を今すぐ空にする」をクリックしよう。

 この操作を行ったところ、使用容量は「14.85GB(99%)」から、「12.3GB(82%)」に減少。ひとまず、画面上部の「保存容量が残りわずかです」の表示が消えた。
Gmailの容量不足を一瞬で解決するなら、不要メールはまとめて削除! 6番目の画像

容量が大きなメールをまとめて削除する

Gmailの容量不足を一瞬で解決するなら、不要メールはまとめて削除! 7番目の画像
 サイズが大きいファイルが添付されたメールも、容量を減らす大きな原因。サイズが大きいメールを頻繁にやり取りしている場合は、こうしたメールのみを抽出して削除するのが有効だ。

 サイズを指定して検索するには「larger:」という演算子を使う。例えば、2MB以上のメールを検索したい場合は、「larger:2m」で検索する。

 必要なメールを削除してしまう可能性もあるので迷ったが、今回は“2015年より前の2MB以上”のメールはすべて削除してしまうことに。検索ボックスに「before :2015/01/01 larger:2m」と入力して検索した。

 先ほどと同様の手順で検索条件に合致するメールをすべて削除すると、使用容量は「12.3GB(82%)」から、「7.23GB(48%)」まで激減した。当面は、これで何とかなりそうだ。
Gmailの容量不足を一瞬で解決するなら、不要メールはまとめて削除! 8番目の画像
 Gmailを長年使用していると、どうしても不要なメールが増え、容量がかさんでしまうものだ。空き容量が不足してきたなと感じたら、ここで紹介した方法をうまく活用して、不要なメールを削除してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する