1. “3つのキーフレーズ” でプレゼンが驚くほど分かりやすく。スキマ時間にサクッと学べるビジネス英語

“3つのキーフレーズ” でプレゼンが驚くほど分かりやすく。スキマ時間にサクッと学べるビジネス英語

出典:www.ethos3.com

 今やビジネスは日本だけで行う時代ではない。シリコンバレーをはじめ、多くの日本人が海外市場にチャレンジしているのだ! そう、今こそ海外市場にチャレンジするとき。ただ、海外に出る気持ちがあっても、語学力を身につけなければビジネスチャンスはなかなか巡ってはこない。

 それもあってか、最近では20代前半層をはじめ、社会人の中で海外留学(語学留学)にチャレンジする人が増加しているという。海外進出を果たしたいなら、「語学力」を蓄えることから。今から少しずつ勉強を始めていき、グローバル人材の一歩を踏み出してみてはいかがだろうか。

実践:プレゼンが驚くほど分かりやすくなるキーフレーズ

 さて、まずは自分の語学レベルを把握するために、社会人を対象にした語学留学プログラムを提供する「海外留学のEF」の、ビジネス英語レッスンにチャレンジしよう。今回のお題は「プレゼンテーション編 その1」。

 英語でプレゼンテーションをする際に、特に気をつけなければならないことは、“完結に分かりやすく説明する”ことだ。そのために「冒頭」「中間」「締めくくり」に使う「順序を表す英語表現」を適切に選択し、プレゼンテーションの流れをきちんと相手に伝える工夫もテクニックの一つとなる。

 今回出題する以下の8つの表現をきちんと理解し、プレゼンテーションに活かそう。

問題

 以下は、“順序を表す” 英語の表現です。プレゼンテーションの「冒頭」「中間」「締めくくり」のどの部分で使われる表現か分類してください。

①Finally ②Then ③To conclude ④To begin with ⑤Next ⑥First of all ⑦After that ⑧Firstly

答え

冒頭(Beginning):④To begin with、⑥First of all、⑧Firstly
中間(Middle):②Then、⑤Next、⑦After that
締めくくり(End):①Finally、③To conclude


 今回出題された8つの表現以外にも、順序を表す英語の表現は数多く存在する。自分の言葉、自分のプレゼンテーションを表現するためのふさわしいワードを選択することが重要だ。是非、その他の表現も検索してみよう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する