1. 「スーツ姿がかっこいい」って言われたくないか? さりげないかっこよさ漂うスーツ着こなし術

「スーツ姿がかっこいい」って言われたくないか? さりげないかっこよさ漂うスーツ着こなし術

出典:ilovegreeninspiration.com

 日本で働くビジネスマンにとって、毎日の仕事に欠かせないのが「スーツ」。フォーマルな服装として、定番の服装であるスーツ姿は、どうしても周りとの違いが生まれにくい。

 しかし、そんなスーツ姿を「かっこいい」と思わせるのは意外と簡単なこと。ちょっとした工夫で、あなたの均一的なスーツ姿は「かっこいい」に変わる。かっこいいと言わせてみたい(思わせてみたい)なら、本記事を読んで学ぶことをおすすめする。

「おしゃれネクタイ」使いでワンランク上のかっこよさ。

出典:plus.google.com
 まず最も簡単に「かっこいい」スーツ姿を演出する方法は、「ネクタイ」を変えること。ネクタイ使いでスーツ姿の印象は、劇的に、ではなく、さりげなく変えられる。まずは、おしゃれネクタイを手に入れるところからだろう。

 写真のような、均一的なネイビースーツスタイルにおいて、ドット柄のネクタイがあるか、ないかは、「かっこいい」か「かっこよくないか」に分かれる重要なポイントなのだ。

「差し色カーディガン」使いでかっこいい大人演出。

出典:www.suitdup.com
 カーディガンを使った着こなしもおすすめ。差し色となるような派手な色の一品を選ぼう。しかし、餓鬼っぽい色はNG。写真のように、オレンジやグリーンなどの温かみのあるカラーの物を選ぼう。大人ならでは包容力を演出して、かっこいい印象を与えられる。

こなれ感溢れる「小物アイテム」使いがかっこいい。

 小物アイテムを使って作り上げる「かっこいいスーツ姿」」もおすすめ。着こなしとは言えないが、スーツスタイルを全体的に見てみることも、着こなしの一つ。具体的にはメガネやシューズ、バッグといったアイテムにこだわってみよう。

 無論個人の好き好みに合わせてもらって構わないが、筆者の思う最もかっこいいアイテムを使った着こなし術は、この写真のような着こなしだ。ネイビーとブラウンカラーのバッグ、シューズが非常にかっこいい印象を与える。


 スーツ姿は女性にとって憧れの的。いや、女性に限らずデキる男は、スーツの着こなし方から違うもの。明日から実践して、「かっこいい」ビジネスマンになろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する