1. “あったらいいな”がそのまま文房具に。無印良品が産んだアイデア文房具

“あったらいいな”がそのまま文房具に。無印良品が産んだアイデア文房具

出典:kaboompics.com

 家具やファッション雑貨などで素朴なデザインと高い品質を誇っているのが無印良品だ。無印良品の良さは、丁寧なつくりと欲しいものを形にしてくれるアイデアであるが、文房具においても様々なアイデアで良い商品を作り出している。

 今回は、無印良品の生み出したアイデア文房具の中から、特に便利で使い勝手が良いものを紹介する。“あったらいいな”と思ったものが形になった商品をぜひ見てもらいたい。

再生紙週刊誌4コマノート

出典:www.boo3.net

 無印良品の文房具の中でも、特にヒットした商品であり、アイデア文房具として名高いのが4コマノートだ。週刊誌の4コママンガと同じサイズ感を再現するために、実際に週刊誌を印刷する工場によって製作されている。

 もちろん、漫画を書くために使うのもいいし、読書ノートやTO-DOリスト、ちょっとしたアイデアの保存など使用方法を考えながら使うことができる。数量限定であり、店舗ではなかなか見かけることができないヒット商品でもあるので、ネット購入で確実にゲットしたいところだ。

スティック型ハサミ

 文房具の中でも、持ち運びにくいものと言えばハサミが挙げられるだろう。大きくかさばるハサミは、ペンケースへの収納が難しく持ち運ぶことが容易ではない。

 そこで無印良品によって生み出されたのがスティック型のハサミ。コンパクトに収納することができ、ペンとほぼ変わらないサイズになるので、ペンケースやポケットに入れて持ち運ぶことができる。書類のスクラップや切り貼りを多くする人は、ぜひ鞄やペンケースに入れておきたい文房具だ。

ハンドシュレッダー

 家に届いたはがきや書類の処分をどうしているだろうか? そのまま捨てているという人も多いかもしれないが、最近では不法投棄を防止するためにゴミの中身をチェックする自治体も増え、個人情報を守るためにハガキなどは破って捨てるべきだという考え方が広まってきているようだ。

 シュレッダーは高価でありなかなか個人の家庭に置けるものではないが、無印良品のハンドシュレッダーなら場所もとらず価格も600円とリーズナブル。手動ではあるが、あまり力を入れなくても簡単に書類を裁断してくれる。家庭に一台は置いておきたい文房具だと言えるだろう。



 無印良品の文房具はシンプルなデザインと創造性が豊かな商品で人気を集めている。自分なりの使い方を考えたり、コンパクトで飾らないデザインの文房具を求めているのであれば、無印良品の文房具で揃えてみるのもいいだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する