1. ホリエモン「今のゲーム業界には、ヒットの方程式が全くない」――スマホゲーム、成功の秘訣とは?

ホリエモン「今のゲーム業界には、ヒットの方程式が全くない」――スマホゲーム、成功の秘訣とは?


 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。「堀江貴文のQ&A vol.469〜スマホゲームのこれから!?〜」では、ホリエモンがスマホゲーム業界で生き残る秘訣を語った。

 今回取り上げたのは、「パズドラの勢いが最近衰えたように思いますが、ホリエモンが今ガンホーの経営者だったら、どうい­う戦略をとりますか? 一攫千金目当てでス­マホゲームに参入する会社も増えてきたのに対して、ゲームにガンガン課金する人­自体は頭打ちになったように思えます。グリーやDeNAも厳しそうです。

 スマホゲ­ーム会社は、ゲームで稼いだお金でゲーム以外の新規事業をするべきですか? それともこれからもゲーム1本でいくべきですか? またどうすればパズドラは一発屋で終わらずに、ポケモンみたいに3年後、5年後、10年後にも愛されるコンテンツになれると­思いますか? ホリエモンの考えが知りたいです」という質問。

「次のスマホゲームの注目株は、3Dゲーム!」

 ホリエモンは、「基本的にゲームパブリッシャーは映画制作と同じで、広く多くのプロデューサーやディレクター、制作会社と付き合って、彼らに新しいゲームをどんどん作ってもらって広めることの繰り返し。ヒット作を一定のペースで出せれば、経営は安定するよ。これは映画会社と同じ。勿論ゲーム以外の事業をしてもいいけど、経営判断次第だね。私だったら、両睨みで行くかな。ポケモンみたいにするには、地道にコアファンをケアしていくしかないんじゃないかな」と回答。

 ゲーム会社が経営を続けるためには、当然定期的にヒット作を出すことだ。そこでホリエモンが今注目しているのが、3Dゲーム。3Dゲームはかつてプレイステーションでやっていたようなゲームをスマホで簡単にプレイできるようにしたもので、パズルゲームなどが主流だったスマホゲームに新しい風を巻き起こしそうだ。

 映画でも今では3Dが当たり前になったが、これからはスマホゲームもそうなるのかもしれない。「3Dゲームではまだヒット作が出ていないけど、そろそろ出てくるんじゃないかな」とホリエモンもかなり期待を寄せている。

「スマホゲームでは、ヒットの方程式すら出来ていない!」


 では、ヒット作を生み出すにはどうしたらよいのだろうか? ゲストの茂木健一郎氏は、「3D映画でヒットした『アバター』のように新ジャンルを切り開いた作品はヒットするけど、後追いは難しいよね」と話すように、確実にヒットを生み出す方法はまだ存在しない。

 さらにホリエモンが指摘するのは、スマホゲームにはヒットが生まれやすい仕組みも分かっていないこと。例えば、コンシューマゲームが流行った歴史がない中国では、最近MMORPGやマップジェネレータのような複雑なゲームが流行っている。逆に日本で人気のスマホゲームを持ち込んでも、中国ではすぐに飽きられてしまうそうだ。

 このように各国で流行るゲームが違うことから、「ヒットの法則がある程度できている音楽や映画業界と違って、ゲーム業界にはまだヒットの方式すらできていない」とホリエモンは話す。ヒットの方式やヒットを継続させる方法を開発させた会社が、これからスマホゲームで生き残っていく会社なのかもしれない。


 ホリエモンがスマホゲームの注目ポイントを語った「堀江貴文のQ&A vol.469〜スマホゲームのこれから!?〜」。動画が見たい方はこちらからどうぞ!


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する