1. 結婚式で恥をかかない大人になるために。結婚式に出席する際の正しい服装を学ぶ。

結婚式で恥をかかない大人になるために。結婚式に出席する際の正しい服装を学ぶ。

出典:www.learnvest.com

 「結婚式に出席する際の正しい服装がわからない……」そういう悩みを抱えている人、意外と多いのではないだろうか? 

 社会人になると、上司や友人の結婚式に出席する機会が増えるもの。せっかくのお祝いの場で恥ずかしい思いをしないためにも、最低限の服装のマナーは覚えておこう。

主役はあくまでも新郎新婦

出典:www.greylikesweddings.com

 「結婚式」と聞くとは華やかなイメージが強いため、「派手な装いをしなければ……」と思ってしまうかもしれないが、結婚式の主役はあくまでも新郎新婦。出席者は主役よりも目立たないよう、派手な装いは避けなければならない。

 とはいったものの、お祝いの場であるため、ある程度の華やかさも必要だ。では、どういった服装で出席すれば良いのだろうか?

ブラックスーツに無地のシルバータイを合わせる

出典:atlonglast.com.au

 結婚式に出席する際の服装は、誰もが一着は持っているであろう「ブラックスーツ」を活用し、着こなしのポイントさえ押さえてしまえば難しいことはない。シャツは、最もフォーマルなブロード地の白シャツを着用すればいい。

 意外と悩みがちなタイだが、一番フォーマルな雰囲気を備えている「シルバー」をチョイスすればOKだ。無地が一般的には良いとされているが、控えめなドット柄やストライプ柄で少し個性を出しても問題ない。

靴はストレートチップかプレーントゥを履く

出典:www.matt-trading.co.jp

 足元への気配りも忘れてはいけない。靴もスーツの色と合わせて、黒のものを履くのが基本。数ある種類の中でも、フォーマルな印象が強いストレートチップかプレーントゥを選ぶようにしよう。

華やかな印象は「チーフ」で演出

出典:necktie.allety.net

 結婚式の服装として求められている“華やかさ”は、「チーフ」を使って演出するようにしよう。「チーフ」の色はシャツとリンクさせ、基本的には「白」を選ぶのがいい。折り方はいくつか種類があるが、シルク素材のチーフをパフドススタイルで挿すと華やかな印象を演出できる。






 ここで紹介した通りの服装で結婚式に出席すれば、失敗することはない。結婚式=華やかというイメージが先行し、派手な服装で参加することだけは避けよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する