1. 意外とイケる…! 一味違う美味しさがクセになる、変わり種餃子3選

意外とイケる…! 一味違う美味しさがクセになる、変わり種餃子3選

 パリっと焼きあがった焼き餃子、ツルンとしたもちもち水餃子、サクサク香ばしい揚げ餃子。あなたはどんな餃子が好きだろうか?

 どれも違った美味しさがあるが、探してみると普通の餃子とは少し違った変わり種もまだまだ存在する。ここでは一度は味わっておきたい、変わり種餃子を食べられるお店3選を紹介。

17種類ものバリエーション豊かな餃子の数々「一味玲玲」

 小じんまりとした店内はいつも満席。新橋にある「一味玲玲」は、ビジネスマンの街にふさわしい大衆飲み屋の雰囲気がある中華料理のお店。こちらでは、定番のニラやキャベツはもちろん、牡蠣やレモンといったバリエーション豊かな17種類もの餃子を味わえる。

 中でもパクチーを使った「パクチートウチ辛口焼き餃子」は、一度食べればハマる人が続出。香草独特の風味とピリッとした辛さは、餃子には珍しい爽快感がある。

独特な皮は外はカリッと、中はもちっと「ファイト餃子」

 これはパンなのか? 初めて見る人は勘違いしてしまうほどの変わった形をした餃子を味わえる「ファイト餃子」。こちらの餃子は魅力は何と言っても、外はカリッ、中はもっちり&ジューシーな皮。

 カリッカリに揚げ焼きした餃子は、火傷してしまいそうなほどアツアツ。中の具材はコクがありながらもあっさりとした味わいなので、気がつくといくらでも食べ進めてしまっている人も多いとのことだ。

唯一無二のとろっとあんかけ揚げ餃子「福蘭」

 青山の雰囲気ある街並みとは少し毛色の違う、昔ながらの面影を残す「福蘭」は、一般的な焼き餃子でも水餃子でもない、個性的な餃子が味わえることで有名なお店。

 皮がとろけた、あんかけ揚げ餃子は見た目のインパクトがあるものの、味は折り紙つき。豚肉・玉ねぎ・しいたけのシンプルな具材が溢れんばかりに詰まった餃子は、ジューシーでストレートに旨みを感じる。ピリ辛でにんにくたっぷりの醤油ダレをつけると、また違った美味しさを味わえるので試してみてほしい。


 個性的な変わり種餃子は、オーソドックスなものとは一味違う、クセになる美味しさがある。ぜひその店でしか味わえない餃子を、あなたも楽しんでほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する