1. キャリアプランを考えることで仕事が変わる。自分の将来を見据えたキャリアの考え方

キャリアプランを考えることで仕事が変わる。自分の将来を見据えたキャリアの考え方

by CarbonNYC [in SF!]

 仕事をより良いものにしていくためには、キャリアを意識して仕事をすることが重要です。与えられた仕事をこなしているだけでは、自身のキャリアを磨くことはできません。仕事とキャリアの関係性を常に意識しながら仕事に取り組みましょう。ここでは、キャリアプランに合わせた仕事をするために気をつけるべきことについて紹介します。

ゴールを意識する

 キャリアプランを考える上で重要になるのがゴールの設定です。仕事のゴールを意識することでどのような道を進むべきか、どのようなスキルを習得するべきかが明確になります。同じ職種・業種でもゴールが変われば進むべき道は異なり、積むべきキャリアも変わります。漠然と仕事に励んでいるだけではキャリア形成は不可能ですから、ゴールを意識してキャリアプランを考えましょう。

仕事から得られるものを考える

 ただ目の前にある仕事を淡々とこなしているだけでは成長やキャリアアップは望めません。日々の仕事の中から何を学び何を得られるのかを考え、自分自身の成長を意識しながら仕事に取り組むことでより良いキャリア形成が実現します。同じ仕事をこなすのでも、何も考えず、言われるまま仕事をするのと作業の意味や効率性を考えながら仕事をするのでは得られる経験値は大きな違いがあるでしょう。一見つまらないような仕事でも、見方や切り口を変えれば学べることはいくらでも生まれます。大切なのはどんな仕事をするかではなく、どのように仕事をしていくのかということです。日々の仕事を成長の糧にすることができれば、あらゆる機会をチャンスに変えることができるでしょう。

時代の流れにアンテナを向ける

 どのような仕事であっても時代の流れには影響を受けます。技術の進歩が速く時代の移り変わるスピードも加速度的に高まっていますから、少し前まで最先端だった業界がすぐ時代遅れになってしまうことも珍しくありません。キャリア形成を効率よく勧めるためには、時代の流れをいち早く察知し、自分のスキルを時代に適応させていくことが重要です。




 仕事をしていく中で、一つの判断基準となるのがキャリアプランです。自分の中で意識してキャリアを形成し、仕事の判断軸を定めるようにすれば、成功や自分の得たいものが得られるようになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する