1. 「ブレーキをかけず、何かにのめり込め!」ーー やりたいことを見つけたい人に贈る、ホリエモンの教え

「ブレーキをかけず、何かにのめり込め!」ーー やりたいことを見つけたい人に贈る、ホリエモンの教え


 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。「堀江貴文のQ&A vol.439〜良い子になるな!?〜」の放送では、ホリエモンが自分のやりたいことを見つける方法を語った。

 今回取り上げたのは、「堀江さんってよく『やりたい事はいっぱいある』って­言うじゃないですか。なぜそんなにいっぱいあるんですか? やっぱり多くの情報に触れたり、色んな人に会ったりするから、好きなことが自然と湧いてくるんですか?」という質問。

何か一つのことにのめりこんでみる


 宇宙事業やグルメアプリ「TERIYAKI」、新世代トークアプリ「755(ナナゴーゴー)」など、様々なことを手がけているホリエモン。傍から見ると、そのやりたいことの多さに驚くかもしれないが、「何か一つのことにのめり込んできた」過去の経験が今につながっているそうだ。

 中学の頃はパソコン・ゲームとプログラミング、大学生の頃は麻雀と競馬にハマっていたホリエモンだが、「そういった経験が全部自分に蓄積されていて、糧になっている」と語る。

 さらに「中庸とかバランスが何の役に立つのか。根本的には全然大事じゃない」と続けた。「本気でハマる」ということに対し、多くの人が知らず知らずブレーキをかけてしまっているため、やりたいことが見つからないという。

良い子でいると、やりたいことが見つからない!


 そういった人たちが大切にすべきは、「世間の常識、常識的な人と戦うこと」と語ったホリエモン。自分にブレーキをかけることなく、常識的な人たちと戦っていくことで今まで見えてこなかったことが色々見えてくるそうだ。

 また、ゲストとして登場したイラスト制作とキャラクター開発を手がけるスイスイ株式会社の松岡宏行氏は、「良い子でいるとやりたいことは見つからない」と語り、その意見にホリエモンも強く同意した。

 動画が見たい方は下記「堀江貴文のQ&A vol.439〜良い子になるな!?〜」からどうぞ!


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する