1. 「斜に構えるより学べ!」ーー 恋するフォーチュンクッキーを例に、ホリエモンが嫉妬の無意味さを語る

「斜に構えるより学べ!」ーー 恋するフォーチュンクッキーを例に、ホリエモンが嫉妬の無意味さを語る


 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。「堀江貴文のQ&A vol.437〜嫉妬したら負け!?〜」の放送では、「恋するフォーチュンクッキー」を例に嫉妬の無意味さを語った。

 今回取り上げたのは、「『恋するフォーチュンクッキー』の動画コンテンツがけ­っこう流れています。役場の職員や首長なども参加して、皆で盛り上がって地域活性化に­も少しは貢献できているかなと思います。その反面、なぜどこの自治体も嬉しそうに猿­真似しかしないのか、自らオリジナルな発想を出さないのかと、やや冷めた見方もしてしまいます。堀江さんはどういった印­象でしょうか?」という質問。

わざと盆踊り並に踊りを簡単にして、誰でも踊れるように


 サマンサダバサグループやサイバーエージェントの社員が踊った動画から火がつき、社会現象になった『恋するフォーチュンクッキー』。Youtubeを覗いてみると、さまざまな企業や自治体の「踊ってみた」動画が公開されている。

 ここまで大きな盛り上がりを見せた、『恋するフォーチュンクッキー』についてホリエモンは、「秋元康さんのアイディアだと思うけど、わざと盆踊り並に踊りを簡単にして、誰でも踊れるような振り付けにしてある。確信犯だよ」と語った。

斜に構えるより学べ!


 とは言ったものの、質問者のように企業や自治体が踊る『恋するフォーチュンクッキー』を冷めた目で見てしまう人もいるのではないだろうか。

 こうした斜に構えた態度について、ゲストとして登場したイラスト制作とキャラクター開発を手がけるスイスイ株式会社の松岡宏行氏は、「『なんだよ、あんなの』と斜に構えてバカにすることもできるけど、『すごい!』と思って見た方が学ぶことも多いし、勉強になる」という。

 ホリエモンもこの意見に強く同意し、「嫉妬して『秋元康、また金儲けかよ』と思っちゃう時点で負けだよ」と、人の成功に嫉妬することの無意味さを語った。


 動画が見たい方は下記「堀江貴文のQ&A vol.437〜嫉妬したら負け!?〜」からどうぞ!


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する