1. 【“統率力”の意味】リーダーシップと統率力の違いを解説

【“統率力”の意味】リーダーシップと統率力の違いを解説

【“統率力”の意味】リーダーシップと統率力の違いを解説 1番目の画像

 近年、ビジネスマンに求められている「統率力」。

 周りの人間を上手く取りまとめ、的確な指示によってうまく動かすことができる人材は、多くのビジネスマンにとって憧れの的だ。

 人をまとめる力である「統率力」の意味、統率力のつけかた、混同されがちな「リーダーシップ」との意味の違いについて解説していきたい。

統率力の意味とは

 統率力とは、そもそもどのような意味なのだろうか?

統率力とは?

 組織やチームメンバーなど、多くの人たちをまとめて率いていく力である「統率力」。

 一口に「統率力」といっても、大きく分けて2つの行動スキルを内包している。

「統率力」に関与する2つの行動スキル

  • ①:人の行動を統制して、チームを一つにまとめる力
  • ②:チームを率いて、目標を達成するために行動する力

 「統率力」という語感だけでは、「チームを一つにまとめる力」の印象が強いかもしれない。

 しかし、いわゆる「統率力がある人」とされている人には、「チームを率いて目標を達成するために行動する力」も身につけている。

 「統率力がある人」を目指すなら、2つの行動スキルを身につけられるように行動してみよう。

「リーダーシップ」と「統率力」の意味の違いとは?

 混同されがちだが「リーダーシップ」と「統率力」は、厳密にいうと別物である。

 結論からいうと、「統率力」はリーダーシップの中の1要素でしかない

【リーダーシップと統率力の違い】「リーダーシップ」の意味

 組織を率いる能力、という意味で使われる言葉「リーダーシップ」。

 「リーダーシップ」には明確な定義がなく、リーダーに求められる全ての要素”をさしている幅広い意味を有する言葉である

リーダーに求められる要素の一例

  • マネジメント能力
  • 統率力
  • コミュニケーション能力
  • 課題解決能力
  • 人望

【リーダーシップと統率力の違い】リーダーシップの中でも重要な“統率力”

 「マネジメント能力」「統率力」「コミュニケーション能力」など、リーダーシップを発揮するためには、さまざまな要素を身につける必要がある。

 その中でも「統率力」は、リーダーシップの中でも大きなウェイトを占めており、リーダーには必要不可欠な能力。

 リーダーシップに必要な能力の中でも重要であるため、「リーダーシップ」と「統率力」が混同されてしまいがちなのだ。

統率力を身につける方法

 統率力を身につけるためには、実際に場を仕切る経験が重要になる。

統率力を身につけるために必要な「仕切り経験」

 飲み会の幹事や、会議の司会など細かなことでも良い。場を仕切る経験を増やすことで、統率力は磨かれる

 また、自分が率先して行動を起こし、周りを引っ張っていくことでも統率力は身につく。

 統率力を身に付けたい!と思ったら、自らの意識を能動的なものに変えていく必要があるということだ。

統率力を身につける方法

  • 飲み会の幹事や会議の司会など、場を仕切る経験を増やす
  • 能動的にイベントを企画したり、提案してみたりする


 リーダーシップと統率力は似て非なるもの。統率力は「リーダーシップ」を身につけるための一つの要素にすぎないのだ。

 統率力とは「人を統制し、率いて困難や過大に立ち向かう」ということだ。

 部下を持つマネジメント層のビジネスパーソンは、本記事を参考に統率力を磨いていこう。



リーダーシップや統率力を職場で発揮!スキルを活かした転職なら「ビズリーチ」

【“統率力”の意味】リーダーシップと統率力の違いを解説 2番目の画像

 なかなか自分のスキルを活かせていないことや、自分の業績に見合った給与をもらえていないことなど、今の職場に抱く不満もあるだろう。上昇志向の高い人は、転職でキャリアアップを目指すことがおすすめだ。

 ハイクラスな求人を揃えた転職エージェント「ビズリーチ」なら、一流のヘッドハンターや大手企業から直接スカウトを受けることができ、キャリアアップの実現可能性も高い。

 また、話題のベンチャー企業から上場企業の求人まで、幅広い求人を揃えているからこそ、「もっと年収をあげたい」「統率力を発揮して仕事がしたい」「自分のスキルをしっかり活かしたい」という希望が通るのだ。

 リーダーシップや統率力を活かして転職をしたい人は、一度「ビズリーチ」に登録してみてほしい。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する