1. 喫煙者は要注意! オフィスでタバコを吸う時に気をつけるべきビジネスマナー

喫煙者は要注意! オフィスでタバコを吸う時に気をつけるべきビジネスマナー

by Steve Burt
 オフィスにおいて、喫煙者のビジネスマンが、同僚や取引先に不快な思いをさせないためには、いったいどのようなマナーが必要と言えるでしょうか。実はビジネスマナーとして、喫煙者のマナーもチェックされていることがあります。周りに不快な思いをさせないための、喫煙者のマナーを見ていきましょう。

喫煙所以外の場所で喫煙しない

 最近では、オフィス内の喫煙は認めていないというところがほとんどでしょう。喫煙所を利用して喫煙するように定められている場合は、その場所のみでタバコを吸うようにしましょう。また、喫煙所がない場合は、オフィスでは喫煙せずに、喫煙所のある場所に移動してタバコを吸うのがマナーです。

スーツにタバコの臭いがついていないかチェックする

 喫煙者は、自分がタバコを吸っているためスーツや持ち物にタバコの臭いが付いていても気が付きにくいものです。本人はタバコの臭いに気が付いていなくても、周囲の人間は臭いを不快に感じているかもしれません。喫煙する場合、できればスーツのジャケット等は脱いで喫煙所に行くようにしましょう。さらに、臭い消しのスプレー等が薬局で販売されていますから、そういったものを上手に活用して、タバコの臭いが衣服に残るといった事がないように気をつけるべきです。

時間にも配慮をしたほうがよい

 喫煙をしない人によっては、喫煙の時間を休憩時間に含めないのはどうなのか?という疑問を持つ人もいるようです。吸いたくなったら、すぐに喫煙所へ向かうのではなく、時間を考慮することも必要になるでしょう。一言断ってから喫煙所に行くようにすれば、未然にトラブルも防ぐことができます。


 ここでは喫煙者のビジネスマンが、オフィスで同僚や取引先に不快な思いをさせないためのマナーについて見ていきました。マナーを守ってタバコを吸い、迷惑を掛けないように配慮することが重要となります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する