1. 【動画】マンガの世界がすぐそこに!靴に装着し、時速20kmで走行する電動スケーター登場

【動画】マンガの世界がすぐそこに!靴に装着し、時速20kmで走行する電動スケーター登場

 その昔、週刊少年マガジンに連載されていた「エア・ギア」という漫画がありました。この漫画にはエア・トレックと呼ばれる電動のローラースケートが登場し、そのデザインのカッコよさに多くの読者は魅了されました。

 そして今、米国の有名クラウドファンディングサイトKickstarterで、まるで「エア・ギア」の世界から飛び出してきたかのようなクールでカッコいいプロダクトが大注目を浴びています。

 それが電動スケーター「ACTON R RocketSkates」です。
 「ACTON R RocketSkates」は、車輪とモーター、バッテリーを内蔵した電動式のスケーターで、靴を履いた状態から簡単に装着することができます。
 両足に装着した「ACTON R RocketSkates」は、使用前に後部のボタンを押して同期を行います。そうすることで、左右の回転数がバラバラになり操作不能になってしまうという最悪の事態を未然に防いでいるのです。
 操作は体重移動のみで、前に体重をかければスピードが上がり、後ろに体重をかければスピードが下がります。感覚的に操作できるのも「ACTON R RocketSkates」の利点です。
 また、最初にローラーに動力を加えなければスタートしない仕様になっているので、階段などもスムーズに登ることができます。
 アプリと連携すれば、ラジコンのように操作することも可能です。

 既にアメリカのみならず、様々な媒体で取り上げられている本製品ですが、この度、開発者向けにSDKが公開されました。これにより、更なるアプリの発展や、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスとのコラボレーションも期待されるでしょう。

 発展具合によっては、全自動運転なども可能になるかもしれません。


 「ACTON R RocketSkates」は、現在Kickstarterで出資者を募っていますが、既に予定をはるかに上回る、7倍以上の資金を調達しています。気になる値段ですが、一番安いもので$349プラス送料がかかります。

 世界中で大注目の「ACTON R RocketSkates」。開発者向けにSDKが公開され、今後の発展にも今から期待できますね。是非、この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する