1. 2つのセンサーが睡眠パターンを学習、そして振動!居眠り防止用ガジェット「Spark」登場

2つのセンサーが睡眠パターンを学習、そして振動!居眠り防止用ガジェット「Spark」登場

 長時間のデスクワークで疲れてしまい、ついつい居眠りしてしまう…なんてことありませんか?どうしても単調な作業が続くと、忍び寄る睡魔に耐えられなくなってきますよね。

 今回は、そんな寝落ちの悩みを一発で解決してくれる腕時計型の居眠り防止ガジェット「Spark」を紹介します。
 「Spark」の使い方は簡単で、仕事中に眠さを感じたら
 側面に付いているボタンを押して、Sparkモードに移行します。
 そして、実際に居眠りすると「Spark」がそれを検知して、バイブレーションで目を覚まさせてくれます。
 「Spark」が、他のウェアラブル型目覚ましガジェットと一線を画すのが、搭載されている2つのカスタム・モーションセンサーです。

 このセンサーは、腕に付けているだけで使用者の動きのパターンを学習し、使用者ごとのパターンに基づいて居眠りしているかどうかを検知、すぐに居眠りから起こすことを可能にしています。


 「Spark」は、現在Kickstarterで資金を募っていますが、既に予定の4倍近い資金を調達しています。肝心のお値段ですが、$49からアーリーアダプターとして購入することが可能になっています。ただしアメリカ国外の場合、別途輸送料金が掛かりますのでご注意を!

 仕事中の突然の睡魔、今まで散々悩まされてきましたが、この「Spark」があればもう悩む必要はありません。是非、この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する