1. 仕事の進め方次第で人生が変わる!効率的に仕事をするための3つのコツ

仕事の進め方次第で人生が変わる!効率的に仕事をするための3つのコツ

by Rita.Yang
 朝、会社に出社してさあやるぞ、と思って仕事に取りかかっても仕事が全然進まず結果として長時間の仕事になってしまうということはよくあることです。そうなってくると、せっかくその後に予定していたことが全て犠牲となってしまいます。

 そこで、仕事を円滑に進めて、効率的に一日を過ごすための3つのコツを紹介します。

1.今日やるべき仕事を書き出す

 よく言われることですが、やっている人は実は少数だったりします。案外これが効果的なので、普段は頭の中でやるべきことなどを考えていると思いますが、実際に書き出してみると、今まで忘れていたがやらなければいけないことを思い出すことがあります。そういった忘れていたものが実は納期が決まっていたり、重要なことであることも多いです。

 一方で、終わった仕事は消していけば、見える形で仕事の進捗が分かるので、やる気がでます。

2.順番をつける

 書き出した今日やるべき仕事に順番をつけます。ここでのコツは、相手の反応を待たないと仕事が進まないもの、確実に終わる仕事、考えないといけない仕事、の順番で仕事を進めることです。

 相手の反応を待たないといけない仕事は、とにかく朝一番で相手に問いかけておくのです。なぜかといえば、こちらからその旨を伝えなければ、相手はその反応は返しません。そして、反応はすぐに返ってくるものとは限らないので、仕事が終わらないということにつながってしまうのです。

 確実に終わる仕事とは、伝票処理など、ちょっと面倒な仕事です。これらの仕事はやれば確実に終わります。先ほどのリストを消していくことにつながります。残っている仕事が少なくなるとやる気も向上します。

 考えないといけない仕事は、アイデアをまとめたりで時間が掛かり、先に確実に終わる仕事をしておいて、残った時間でやるのがベストです。

3.目標時間を設定する

 特に確実に終わる仕事になるのですが、これらは面倒ですが簡単な仕事です。言ってみれば単純な作業なのです。こういったものはダラダラと仕事することが可能なのですが、その次には時間が読めない考えないといけない仕事が待っています。そのためにも、確実に終わる仕事は、目標時間を決めて、集中力をそがないうちに一気にかたずけるのがコツです。


 人間誰でも一日の時間は24時間と限られています。その中で如何に時間をうまく使うのか、これは仕事であっても同じことです。もちろん突発的な仕事が入ることもありますが、ある程度まではこの方法で仕事の時間を有効にそして効率的に使えるようになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する