1. 仕事をする上でチーム内で起こりがちな人間関係の問題とその対処法

仕事をする上でチーム内で起こりがちな人間関係の問題とその対処法

by yuko_okuy
 大きな仕事に就いてチームを作って仕事をしなければならないときには、そのチーム内での人間同士でうまく連携を取って仕事をしていかなくていけません。そして当然ですが、この時に何らかの人間関係が悪くなるようなことをすると、チーム内での連携がうまくいかなくなってしまいます。

 そこで、そのような問題がどこから起こるのかということを事前に知っておくために、チームで仕事をする時に特に意識すべき人間関係の問題について話していきたいと思います。

メンバーとの相性の問題

 まず最初に気を付けてほしいところはチーム内の人間関係です。チームの中には自分とは合わない人間がいることもあり、その人と関わることになると非常にストレスに感じてしまうこともあるでしょう。しかし、こういった時に下手にぶつかってしまうと、人間関係が悪化してチーム内での仕事に影響が出てしまいます。

 何とか関わりを避けようとしても、チーム内では連携を取らないといけないので、下手に関わらないというのも仕事の進捗状況に影響が出てしまいます。もし、関係が悪かったりなんとなくそりの合わない人間がメンバーにいる時ならば、出来る限り仕事であるということで割り切って最低限の仕事ぐらいは連絡を取ってできるようにして、チーム内での仕事がスムーズにやれるぐらいにはしておいてください。

 また、リーダーの地位にある人はチーム編成前や編成後において人間関係が極力ぶつからないような編成や役割分担をする事が重要です。

チーム内の公平性を保つこと

 チームで仕事をする時に、特に意識すべき人間関係の問題になるのは、公平な目線が保てるのかという点です。これは上司やリーダーの人が注意することですが、チーム内の人間関係で、特定の人間に対して厳しく接していることや贔屓にするようなことを行ってしまうと、その不公平な扱い方から派閥のようなものができてしまい、チーム内の人間関係に影響が出ることもあります。

 そこから対立が生まれて、全体的に大きな問題に発展することはよくあることです。そのため、できる限り公平性を損なうような行動は慎む必要があります。できる限り公平な目線を忘れない意識と、公平にものが見れる制度を作らなくてはならないのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する