1. 「休日」と意識しない!上司に休日に仕事をするよう指示されたときに気をつけておきたいこと

「休日」と意識しない!上司に休日に仕事をするよう指示されたときに気をつけておきたいこと

by yto
 ビジネスマンの中には上司の指示を受けて、急遽休日出勤をしなければならない場面も少なくありません。ここでは、休日に仕事をしなくてはならなくなった時に気をつけるべきことについて述べてゆきます。

モチベーションを維持する

 やはり休日出勤で嬉しいと考える人は多くないでしょう。しかし、いつまでも嫌だと言っていては仕事もはかどらず、ますます最悪な状況へと陥ってしまいます。そこで、モチベーションを高く持ち仕事をしましょう。

 休日をいうことでモチベーションが下がってしまうため、モチベーションを高めることをあえて意識する必要があります。どうしても休みなのにとネガティブになってしまう感情を抑えて、みんなは休みなのに私はこんなにも生産性のあることをしているといった様にポジティブな気持ちに切り替えましょう。

メリハリをつける

 休日出勤でいつも注意をしてくる上司がいなかったりすることもあるでしょう。だからといってダラダラと仕事を行うのではなく、「早く仕事を終わらせて帰ろう」という意識を持ちましょう。ゴールを定めることで目標時間ややるべきことがたくさん見えてきます。そのようにメリハリをつけて効率化を図りましょう。

普段と変わらないことを意識する

 いくら休日出勤だとは言っても、普段の仕事と行うことは同じことが多いです。そのため、休日だからと意識してしまうとやる気が低下しがちですが、普段と変わらない気持ちで業務をこなすことで効率的に仕事を終わらせることができます。

 
 もし休日出勤を指示された場合は、以上のことを参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する