1. 真面目な人ほど要注意!仕事でストレスを貯めこんでしまわないようにするための方法

真面目な人ほど要注意!仕事でストレスを貯めこんでしまわないようにするための方法

by snotch
 現代のビジネスパーソンは、多かれ少なかれ誰もがストレスを抱えています。仕事量が多い、顧客の中にクレーマーがいる、取引先から理不尽な値下げを要求されるなど、ストレスの種類は多岐に渡ります。特に、真面目で実直なビジネスパーソンほどストレスを抱え込みやすい傾向があるので注意が必要です。

 仕事をしている以上、ストレスはつきものです。真面目な人ほどストレスにうまく対処しましょう。今回は、真面目な人だからこそ知っておくべき仕事における「ストレス耐性」を高める方法をご紹介します。

心の中で仕事がうまくいかなかった責任を人に押し付ける

 真面目な人ほど、うまく仕事が進まないと「原因は自分にある」と考えてしまいがちです。「あの時こう言っていれば」「あの時こう動いて入れば」と自分の過去の行動を悔みがちですが、多くの仕事はメンバーで進めるものであり、冷静に考えてみると他人に原因があることも多々あります。

 そこで、自分の心の中では仕事がうまくいかなかった場合の責任を他人に転嫁してしまいましょう。ここでのポイントは、「自分の心の中で」責任を転嫁するというものです。心の中でつぶやくだけでなく、自分のノートに書きだしても問題ありません。

 しかし、他人への責任転嫁を人前で発言してばかりでは、あなたの信用を下げる結果になるので、公然と発言する必要がある場合以外は自分の中で処理するのが大人のマナーです。

自分はストレス耐性が低いということを受け入れる

 次に、自分がストレスに弱いことを自覚してそれを受け入れることが大切です。本当はストレス耐性が低いのに、それを認めず「ストレスに強い」と思い込んでいては、余計自分に負担をかけるだけです。そして、そんな「ストレス耐性の低い自分」を、受け入れてくれる他人を見つけることも大切です。配偶者・家族・親友など、何があってもあなたを無条件に受け入れてくれる存在がいれば、頑張れるものです。

 外でストレスにさらされても、家に帰れば話を聞いてくれる配偶者がいたり、飲みにつきあってくれる親友がいれば、ストレスを解消することができます。

健康な身体を作る

 「魂は体に宿る」と言うように、精神の健康は身体の健康とつながっています。身体が健康であれば精神も健康になり、ストレス耐性を高めることができます。

 ストレス発散方法として、飲みに行ったり家でゲームをしたりといったことも良いですが、時にはスポーツをして汗をかいてみてはいかがでしょうか。スポーツに熱中すれば仕事上のストレスを忘れることができ、しかも体も鍛えることができて一石二鳥です。

 また、体に良い食事をとることも有効です。ジャンクフードばかりでは、身体面での体調はもちろん、精神面での体調も崩します。野菜や果物、良質なたんぱく質を積極的に取って健康的な体をつくるように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する