1. 途中で放り出すのは絶対ダメ!仕事の時間が足りなくなってしまった時にすべき対処法

途中で放り出すのは絶対ダメ!仕事の時間が足りなくなってしまった時にすべき対処法

by Shoichi Masuhara
 仕事をしている途中で、どうしても時間が足りずに仕事を終わらせることができなかったという経験はないでしょうか。時間に余裕をもってスケジュールを立てることが重要ですが、それでも仕事の途中で時間が足りなくなってしまうことがあります。ここでは、仕事の時間が足りなくなってしまった時の対処法について述べてゆきます。

すぐにクライアントに連絡をする

 もし仕事が時間内に終わらなかった場合は、すぐにクライアントに連絡をしましょう。クライアントは、納期に間に合わないことを早目に知ることで、対策を講じることができる場合もあります。納期遅延は絶対に避けるべきことですが、きちんと連絡を行うことでクライアントへの悪影響を最小限に抑えることができます。納期に間に合わない場合には、まずは誠実にクライアントへ連絡を行うことが大切です。

してはいけない事項

 納期に遅れる際に事前に連絡をしなかったり、間に合わないからと仕事を途中で放棄することは、絶対にしてはいけないことです。

 仕事をする上で納期は守ることが大前提ですが、万が一時間が足りないことに気づき、納期に遅れそうな場合にはなるべく早めにクライアントに連絡し、一度引き受けた仕事は、別の人が引き継ぐことになっても最後まで責任を持って対処することが大切です。

次回から時間に余裕を持つために

 時間が足りなくなってしまうことがあっても、その反省を生かして次につなげることは大切です。そこで、仕事の目標を作りましょう。早く仕事を終えて帰りたいと思う人は多くいることでしょう。早く帰る目的があれば、残業しなくて済むように仕事を効率的に行うことができます。そうなれば、当然「時間が足りない」ということにならなくてもすむでしょう。絶対に遅刻できない予定があれば誰でもその時間内に仕事を終わらせようとします。

 目標があるのとないのでは、前者のほうが仕事がはかどることは間違いありません。早く帰る動機付けをすれば仕事はきちんと終えることが出来、時間が足りないという問題も発生しません。


 仕事をしていると、どうしても時間配分がうまくできず、時間が足りなくなってしまう事もあるでしょう。その時は、上記のことを参考にして対処し、次回からは期限に間に合わせられるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する