1. ビジネスマンとしての常識が疑われる!仕事の報告が遅いと被ってしまうデメリット

ビジネスマンとしての常識が疑われる!仕事の報告が遅いと被ってしまうデメリット

 仕事をしていく中で重要になるのが、上司に報告をすることになります。報告の原則として、なるべく早い段階で報告をするということがありますが、報告が遅いとどのようなデメリットがあるのでしょうか?ここでは、仕事の報告が遅いことのデメリットを紹介していきたいと思います。

次の予定が定まらない

 上司は報告を受けて次に何をすればいいのか指示を出します。そのため、報告が遅いと、自分の仕事の次の指示が受けることができません。これは、会社にとって迷惑になるばかりでなく、自分の成長やスキルアップを止めることの原因になってしまうので注意が必要です。

信頼関係が崩れる

 報告をすることはコミュニケーションの1つと言えるでしょう。また、報告を早くすることは、ビジネスマンにとって当たり前のことであると考えている方も少なくありません。そのため、報告が遅いと、上司との信頼関係が崩れてしまったり、構築することが難しくなってしまいます。


 ここでは、仕事の報告が遅いことのデメリットを紹介しました。ここで紹介したようなデメリットがありますので、報告はなるべく早い段階で行うようにしましょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する