1. 初心者はまずこの3問から!「ブレインストーミング」の練習に役立つ練習問題

初心者はまずこの3問から!「ブレインストーミング」の練習に役立つ練習問題

by LIMA58
 ブレインストーミングはアイデア発想に効果的な発想術ですが、様々な問題解決にも応用可能です。ブレインストーミングの効果を高めるためには、日ごろから練習問題を用いて技術を磨いておく必要があるでしょう。今回は、ブレインストーミングを利用する際に使うと良い練習問題を紹介します。

新たにオープンする飲食店を繁盛させるためには?

 実際にビジネスの現場で使用されている場面を想定しながらブレインストーミングの練習を行えば、より実践的な練習に取り組むことが可能になり、ブレインストーミングの実力も確実に向上します。

 飲食店のオープンというのは実際のビジネスの現場でも様々なアイデアが求められるケースであり、ブレインストーミングによって生まれた様々なアイデアをノウハウとして活用しているケースでもあるのです。

 飲食店の繁盛、という練習問題を用いることで、日ごろ飲食店利用する時に感じているような不満や感想をアイデアとして発言することができます。発想の源はそれぞれの参加者の中にありますから、初めての人でもアイデアを出しやすく、多様なアイデアを集めることができるでしょう。

 実際に使用されているノウハウを紹介すれば、ブレインストーミングがどのような形で現実に影響しているかを学ぶこともできるので、ブレインストーミングの練習としてはふさわしい教材と言えるでしょう。

一週間で新商品の知名度をできる限りあげるためには?

 広告業界はアイデアが重要視される業界であり、ブレインストーミングが重要視されています。広告をテーマにした練習問題を利用することで、豊かで斬新なアイデアを生み出す練習ができるでしょう。

 現実には法的な制約や資金の問題などがありますが、ブレインストーミングを行う時は一切の制限を無くした状態で発想を行うことで、より柔軟で奇抜なアイデアが発言できるようになります。

 前例や慣習に捉われない自由なアイデアというものは、いきなり求められてもそうそう簡単に出せるものではありません。普段から奇抜な発想を練習しておくことで豊かな発想をする力が身に付き、ブレインストーミングでもより役立つアイデアを出すことができます。

A4用紙の使用法は?

 道具の使用法を考えるというのは、ブレインストーミングの練習問題としてはよく知られた問題です。普段目にしている道具というのは、先入観を持って捉えてしまうため柔軟な発想をするのは難しいものです。この問題ではA4用紙という非常にありふれた道具の使い方を考えることで、前例や常識にとらわれないアイデア発想をトレーニングします。

 字を書く、張り紙にする、といった当たり前の発想から、折り紙にして遊ぶ、クッション代わりに丸める、アート作品を作り出すなど、自由で豊かなアイデアを募ることで先入観にとらわれない発想力を鍛えられるでしょう。


 ブレインストーミングの練習をすることで、より柔軟な発想が可能になり、アイデアの質を高めることができます。練習問題はどんなものでも構いません。いろいろ工夫をしながら、魅力的な問題を考えてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する