1. 指摘は指導とセットで使う!部下の「仕事が遅い」を解決する方法

指摘は指導とセットで使う!部下の「仕事が遅い」を解決する方法

 コミュニケーションが仕事をしていく中で重要だということもあり、仕事で指摘をすることは難しいことであるでしょう。とくに、仕事が遅いということを指摘する場合は、人間関係にヒビが入らないような配慮が必要です。ここでは、仕事が遅いということを指摘する場合のポイントについて紹介していきたいと思います。

仕事が遅いということを自覚させる

 仕事が遅い人の多くは自分の仕事に対して、遅いという自覚をもっていません。そのため、仕事が遅いということを相手にしっかりと伝えることが必要です。伝えるときは、仕事が遅いと端的に伝えるのでは無く、まわりと比較してみて、自分の仕事の早さを相手から自発的に気付かせることで、コミュニケーションとしても成立するのではないでしょうか。

どうすれば早くなるのかを考える

 仕事が遅いと端的に指摘をするだけでは、ただの嫌味になってしまいます。仕事が遅いと指摘するときには、自分もその人のために、仕事が早くなる方法を考えてあげたり、自分が持つノウハウを相手に教えることが重要です。そうすることで、コミュニケーションとしても成立するやりとりができます。


 ここでは、仕事が遅い人に対して指摘するときのポイントを紹介しました。指摘するときは、相手との信頼関係を崩さないような配慮とともに、しっかりと遅いということを指摘してあげるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する