1. 多くのマーケティング戦略はここから成り立っている!耳にすることの多い「F1層」って一体何?

多くのマーケティング戦略はここから成り立っている!耳にすることの多い「F1層」って一体何?

by photoantenna
 マーケティングではターゲットを考えることが大切です。そこでよく聞く言葉に「F1層」というものがあります。今回はこの言葉を解説します。

F1層は20歳~34歳の女性のこと

 F1層は、年齢による区分の一つです。マーケティングでは、市場を年齢、性別で次のように区別します。

 C層 (Child、Kids)男女4歳~12歳
 T層 (Teen-age)男女13歳~19歳
 M1層 (Male-1)20歳~34歳の男性
 M2層 (Male-2)35歳~49歳の男性
 M3層 (Male-3)50歳以上の男性
 F1層 (Female-1)20歳~34歳の女性
 F2層 (Female-2)35歳~49歳の女性
 F3層 (Female-3)50歳以上の女性

 F1層とは、Femaleの頭文字の「F」をとり、年齢で3階層にわけたものです。20歳~34歳の女性をF1層と言います。

流行に敏感な層

 F1層は年齢が若い女性なので、その特徴に合わせたマーケティング戦略が必要です。彼女たちは未婚既婚問わず消費活動が旺盛で、流行に敏感という特徴があるため、あらゆる分野でF1層をターゲットにした商品やサービスが生み出されています。特にマスコミが生み出す流行はF1層を対象にしたものが多いです。そのため、F1層をターゲットにしたマーケティングを行う際にはマスコミが取り上げているものを参考にするとよいでしょう。


 F1層は若い女性のことで、特に流行に敏感な層だと言えます。そのため、多くの企業がF1層をターゲットにした戦略を考えています。マーケティングを学ぶなら避けては通れない言葉なのでこの機会に憶えてしまいましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する